アレッポの石鹸

先日、下駄箱の奥に石鹸を見つけました。下駄箱に石鹸?って感じですが、我が家は狭いワンルームなのです。皆さんが見過ごすような僅かな隙間でも、収納スペースとして利用しているのです。

アレッポの石鹸(開封前)

アレッポの石鹸は、オリーブオイルとローレルオイルを主原料とした無添加石鹸です。私も一時期、毎日使っていました。でも今は、毎日は使いません。「4000年の歴史」「自然素材」「無添加」というと、身体にとても良いイメージがありますが、石鹸は賛否両論のある洗浄剤なのです。

→ 天然素材でも有毒なモノはいっぱいあります。
(毒ヘビ、毒キノコ、フグなど)

ですから私は、たまに使う程度に留めています。そお!石鹸は「たまに」で良いのですよ。(注意:手洗いには毎回使いましょう!)
毎日の入浴に石鹸を用い、ナイロンタオル(タワシと同じらしい)でゴシゴシ身体を洗うのは日本人だけらしいから。→ 芋のよーに洗われて、肌は傷だらけ♪
ちなみに、私はチョー低刺激のベビーソープを用い手で洗っています。毎日入浴しますし、普段はこれだけで十分なのです。

アレッポの石鹸は、肌のピーリングとしてたまに使う。そーいった用途なら、とても良い石鹸だと思います。匂いが土臭くてアレ?ですが、フツーの石鹸に比べてマイルドな洗い心地です。ただ、アレッポの石鹸は1個200gもありデカ過ぎて使いにくいです。また、湿気に弱く浴室に放置するとすぐにデロンデロンに溶けてしまいます。使い終わったら浴室外に出しましょう。というメンドクセー石鹸なのです。なので、石鹸を半分くらいに切り分けます。そうすると使い勝手が良くなります。カットには電子レンジを利用します。加熱して柔らかくなったところをブッタ切るのですよ。500Wのレンジなら50秒くらいでOKです。50秒以上すると石鹸がモチのよーに膨らんでしまいます。

アレッポの石鹸(モチ化?)
↑アニメ「幸腹グラフィティ」を観ながら♪

加熱したら食材のよーに、包丁でカットしましょう。和菓子のような断面が楽しめます。

アレッポの石鹸(和菓子?)
↑後で和菓子買って来よう。( º﹃º`)

アレッポの石鹸は、見た目とても美味しそうですが食べられません。

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)

コメント

  1. ジャイアン より:

    本当に和菓子みたいでびっくりですね!w
    ちょっとビックリな告白ですが、私、アレッポに行ったことあります!
    例のテロ組織とは関係ないっす!(^o^;)
    今から三十年近くも前ですが、仕事でダマスカスとアレッポに行ってたんです。
    当時から独裁政権だったし、普通に毎日停電するし、道を渡るのが命がけ!
    ローマ帝国時代やアレキサンダー大王の時代の遺跡が普通に野ざらし!
    アレッポでは、そんな遺跡の中で営業してるレストランで飯を食いましたw
    日本から見ると意外に感じるんですが、ヨーロッパからの観光客が多かったです。
    古代遺跡観光が目的だったようです。
    当時はまだレバノンがあって、イスラエルとドンパチやってました。
    妙な緊張感を感じる国でしたね。
    戦闘で荒れ果てた市街地の様子をテレビで観る度に、当時出会った人々のことを思い出します。
    アレッポで石鹸?
    見なかったナァ〜www

  2. ぢるんぢるん より:

    30年近く前の中東に行かれていたとは、物凄く珍しいことではないですか?あの頃は、第五次中東戦争(アラブ側の見解)前後でしたっけ?なんて、デンジャラス!(ノ゚ο゚)ノ
    流石、只者ではない「ハラハラ、ドキドキ、トラブルの達人」ジャイアンさん!以前、裏ブログで海外勤務のお話を読ませてもらったので、もう一回見に行っちゃった。