プヨンプヨンのピッチピチだ!

先月に風邪をひいてから、1か月以上経過しました。最初の1週間は鼻づまりから鼻呼吸が出来ず、1週間ほぼ仮眠しか取れない状態でした。(私は口呼吸がほぼ出来ません。)それから、鼻水は止まったのですが、倦怠感が全く快方に向かいません。そう!とにかくダルいっすよ。
寒いので風呂に入って温まりたいのに、入浴しただけで、とんでもなく体力を消耗します。昨晩は久しぶりに銭湯に行ったのですが、疲れてしまって、返って寝つけませんでした。ただ、今回の風邪は発熱もなく、食欲もあるのでマシっちゃー、マシです。

そして、ジムに通えない私は、風邪は栄養取って治す!に則って、毎日必要以上の食べ物を食っているのです。結果、体重はあまり変わらないものの、腹周りのプヨンプヨンが深刻化してきております。風邪は一向に治らないのに…。

来週は就職面接で出かけるので、今日は冬物のスーツを出して試着確認してみました。…腹周りがピッチピチだ!プヨンプヨンのピッチピチだ!(`・ω・´)そして、身体はダルンダルンだ!!

私のブログは擬音語と擬態語が多いよね。 (´・ω・`)

プヨンプヨンのピッチピチだ!

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)

コメント

  1. ジャイアン より:

    私は体調に問題はないものの、意欲ゼロ!
    色んな問題が折り重なって、現在、食料も所持金もゼロ。
    そんな窮状をみかねて、昨日は先輩が食料を、今日は妹夫婦が食料と金銭を持ってきてくれました。
    ありがたいことです。
    その妹とは昨日、電話で長話。
    妹の心のコリをほぐす意味で、殆ど私が喋ったのですが、なかなか妹が電話を切ってくれない。
    気がつけば二時間に二十七分も喋ってました。
    おかげで元気になったと、今日の妹は喜んでいました。
    が、私はスッカリ疲れて、人から電話があっても出る事もできず。
    テレビも見れず、食事も取れず、ずっと布団にくるまって横になってました。
    人を心の底から元気にするのは、知らないうちに神経をすり減らす事になるのだなと、改めてかんじましたよ。
    残念な事ですが、私が一番神経を擦り減らす相手は、私の妻なんです。
    彼女の精神状態に真正面から向き合うと、みるみるうちに私の神経が緊張を強いられていくのが分かります。
    そんな私だから、彼女は私と一緒になったのですが、そのために私は神経を病まねばならない。
    痛し痒しですね。
    その様な問題もあって、妻と私は離れ離れに暮らしているのです。
    好んでこういう人生を選択するおバカさんもおるのです。
    おかげで痛快な人生をおくらせてもらってますw

  2. ぢるんぢるん より:

    ジャイアンさんとの会話には、きっと癒しがあるんでしょうね。
    私にも少しだけそういった要素があるらしく、滅多に会わない友人なんかとは、ある程度の距離を自分から取ってしまいます。…だって、しんどいんだもん。
    他人の話、特に心の整理を他者に委ねるタイプの人の話は疲れます。私の姉がそういうタイプです。ですから、私の友人たちやジャイアンさんは偉いなって思います。そうやって、しんどいと思うことにちゃんと向き合っていらっしゃるから。でも、しんどくなり過ぎちゃダメですよ。親身になりすぎて、ご自身が倒れられては元も子もないです。→ 楽しいブログが更新されないぢゃないか!

  3. nanashi より:

    実は私もそうですけど関西の空気を吸った人は年を取るほど擬態語が多くなる傾向がある様な(w)。
    物事を論理では無く感性で捉えているからか?と私自身は認識していますけど。

  4. ぢるんぢるん より:

    え!そーなんですか!?私は自称「なんちゃって関西人」です。
    ちなみに、大阪弁は勿論、地元静岡の遠州弁も喋れません。そして、私の行動パターンは、先に直感で行動して、理論は後付ですわ!つまり、論理的な要素は、ほぼ皆無な人でした。orz…動物みたいだ。