ざまぁ!

先日、前職の元同僚たちと食事に行きました。残された皆は大変なトラブルに見舞われたそうです。それは申し訳ない事をしました。本当にごめんなさい。しかし、当初の狙い通りスタッフの再編があったようです。

前職の会社は3~4年周期で大幅な異動があり、昨年それがあったばかりです。私の所属していた部署では、今回は小規模なものに留まると思っていました。しかし、大幅な異動があったようです。管理職であるスタッフの半数が入れ替わりました。その内、私と対立していた課長がトップを走っていた部長昇進レースから脱落し、閑職に異動となったそうです。替わりに、本社から人格者、且つマネジメント能力の高い新センター長が着任したそうです。

刺し違えて心中

本当なら退職などしないで、あの人達と戦い続けるべきだったのでしょう。しかし、入社2年目の契約社員が既存の体制をひっくり返すには、用意周到な準備と確固たる信念、そして何より健康な体が不可欠でした。しかし、私には浅はかな知識しかありませんし、汚れ役に徹する精神の強さも健康な体も持ち合わせていませんでした。私の小さな器に、周囲からの大きな期待は収まらなかったのです。

そんな私が考え出したのは「刺し違えて心中」の道でした。こんなことを言っては烏滸がましいですが、私がいなければ数々のプロジェクトがとん挫することは目に見えていました。案の定、私の退職後、いくつかのプロジェクトが失敗と中断を余儀なくされ、スタッフの能力不足が露呈しました。上層部もこの事実を見過ごす事は出来ない筈です。私は切羽詰まってボロボロでしたし、スタッフの能力不足を訴える手段は、これしかありませんでした。そして、当初の目的通り、私のクビと引き換えにアンポンタン横暴スタッフから職場の皆が解放されたのです。あれだけ見くびっていた、私如きに刺し違えられちゃったのです。

ざまぁ!

私はあの人たちの全てを否定したり嫌いだったりしたわけではありません。毎日夜遅くまで残業をしていたことも、彼らなりに私たちを気遣ってくれていたことも知っています。しかし、それと同時に沢山の仲間の心を傷つけ、希望の芽を摘んだ罪を忘れるはずもないのです。

私は既に就活の書類選考に落ちて、いくつかのため息をついています。しかし、今後の就活がどんなに困難を極めようとも品性下劣と罵られても、出てくる言葉はひとつだけでした。

ざまぁ!ざまぁ、みさらせ!ミソラシド~♪

言葉は言霊になって、自分に返ってくるとも言いますね。でも、そんな事知ったこっちゃねーわ。

ざまぁ!

私の意見に聞く耳を持たないで、否定したりスルーし続けたのは会社の上司たちです。今の結果を招いたのは、私だけの責任ではありません。私と貴方たちが招いた事なのです。ざまぁ!としか言いようがないでしょう。

それから、新しいスタッフのもと、残された皆が「やりがいをもって働き続けられる」事を願ってやみません。

前職の記事

スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




フォローする

スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)