アイヴィブルー BIV-WS500

ブルーレイレコーダー、日立マクセルのアイヴィブルー BIV-WS500を購入しました。ちなみに、これまでは三菱 REAL ブルーレイ DVR-BZ240を使っていました。DVR-BZ240は、2011年に仕事用として購入し、公私共に使い倒したレコーダーでした。DVR-BZ240は、2014年からHDMI出力の不具合が起き始め、2015年からHDMI出力から音声が全く出ない状態となりました。(光デジタルかRCA出力から音声を出力していました。)さらに、今年に入ってからは、ブロックノイズが頻発するようになり、動作中はビックリするよーな異音がするよーにもなりました。そおそお!夜中にん゛ん゛あ゛く゛か゛く゛か゛…う゛う゛、う゛ぃーーーん!という異音を発生するよーになったのです。私のレコーダー用途は、主に深夜アニメの録画なので、寝ている時に異音で目が覚めてしまう事が多発したのです。
という訳で、新たにアイヴィブルー BIV-WS500を買いました。買い替えは、「PCに1万円ちょっとのTVカードを追加する」という案もありましたが、却下しました。ただでさえ不具合の多いWin10マシンに「スリープ機能を使ったタイマー録画」なんて芸当、マトモに出来る気がしない!からです。

ん゛ん゛あ゛く゛か゛く゛か゛…う゛う゛、う゛ぃーーーん!

アイヴィブルー BIV-WS500は、日立マクセル製です。親会社の日立がレコーダー事業から撤退して、子会社の日立マクセルが2013年に新規参入するという、正直、何がしたいの?的な、訳の分からないメーカーです。外部HDD録画が出来ない代わりに、専用カセットに録画出来ますなどと、明らかに業界の主流から外れた方向性を戦略として打ち出しています。→ 差別化の方向を間違っちゃてる気がするメーカーなのです。
しかし、私が欲しかった光デジタルとRCA音声出力端子がある最安値の製品だったので、ほぼ、迷うことなく購入しました。→ 他の購入候補が悪名高い東○と○ャープなので、迷う理由はありませんでした。(東○、○ャープユーザーの皆さんごめんなさい。)
ちなみに、評判の良いパナやソニー製品はエントリー機の光デジタル力端子を省略、全機種でアナログAV入出力端子を全廃しています。個人的に現時点でそんなレコーダーは要らないのです。

BIV-WS500の中身は、フナイOEMですが、工業製品の故障率はどのメーカーを買ってもほぼ同じです。だったら、ちょっとでも安いか、好きなブランドのイメージで買っちゃえばいいのです。私はマクセルという「ブランドイメージ」と、「必要な機能」「最安値」という事を理由に、BIV-WS500を選びました。

テレビ視聴のイメージ

BIV-WS500は、5年の延長保証を付け、保有する楽天ポイントを使い、3万5千円で購入出来ました。BIV-WS500はこれまで使っていたレコーダーと同じ2番組録画500GBのレコーダーですが、起動時間、操作性がビックリするほど向上していました。BIV-WS500のウリであるiVDRカセットスロットを私は多分使わないと思うけれど、それを差し引いても良いレコーダーだと思いました。AV家電の進化スピードは凄いですね。

アイヴィブルーシリーズは、 たぶん、数年後には淘汰されて無くなってしまうだろうけれど、その時はその時で、必要な機能を満たしてくれる安価なレコーダーに買い替えます。

使ってみての感想

BIV-WS500は起動は早いですが、動作音がやや大きいです。操作はとても簡単で、説明書を見なくても直感的に使うことが出来ます。ただ、一部の局のテレビ番組を高確率(10回に1回程度)で失敗します。理由はよく分かりません。以前使っていた三菱のレコーダーに劣る点は、この一点のみです。売れ筋のパナやソニーに比べると、数年遅れを取っているようなので、パナやソニーの方は買わない方が良いかもです。兎に角安いので、割り切った考え方で購入すると幸せになれるレコーダーです。

スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




フォローする

スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




コメント

  1. ジャイアン より:

    私の部屋には、録画機というものがありません!
    そもそも私には、テレビ番組を録画までして視聴するという欲求が、ゴッソリ欠けていますw(テレビを視聴する習慣を捨てたし)
    そんなに見たきゃ、その時に観ろ!と、2ch搭載レコーダー(シャープの液晶テレビにシャープの録画機だった)で録画しまくっては1.5倍速で再生させて視聴していた妻を見て、いつもいつも思っていたものでした。
    そんな私に、未明帯に放映されるアニメを視聴するなんて、あり得なかったのでぇ〜す!
    しかし、時代は我に見方せり!
    なんと、映像配信サービスでアニメが観られるじゃん!(ってか、配信サービスでアニメにはまった今日この頃w)
    もちろん、リアルタイムで配信されているアニメが限られているのは分かっていますが、長らくアニメの世界から遠ざかっていた私の中のギャップを埋めるには、これでも多すぎるぐらいなのでぇ〜す!
    音は、PCから吐き出させて、HP-A8をDDCとして利用し、HeadRoomのDACとバランスヘッドホンアンプでTH900を鳴らすという変態ぶり(夜バージョン)。
    ソォソォ、アニソンライブラリーが段々充実してきまして、TRUEさん、miwaさんからZAQ経由で茅原実里と、順調に汚染されつつあります(^_^;
    そんな私の、目下最大の悩み!
    月々の電気代が、4千円を切らなくなったぁ〜!
    電気をドカスカ喰らうMac Proなんかで、アニメを視聴するからでぇ〜す!
    これなら、Apple TVかFire TVでも買った方が安上がりではないかと思い始めている、今日この頃でぇ〜す!

    • ぢるんぢるん より:

      本当なら今年の大型家電の買い替えは、ブルーレイレコーダーから!のつもりでした。しかし、年明け早々にパソコンが壊れてしまい、6月まで購入を見合わせたのです。ついでに言うと、たぶん来月辺りに「姉への出資」も控えているので、お金に余裕のあるうちに買い替えに踏み切りました。

      ちなみに、私も27~37歳の10年間は「テレビは観ないので持ってないよ」の人でした。しかし、アニメを観始めてテレビを使い始めたら、すっかりテレビっ子(オヂサンだけど)。アニメはレコーダー録画と配信サービスの二刀流のアニメ廃人となってしまいました。orz

      しっかし、ジャイアンさん家(ち)の、その音響環境と高画質画面で観るアニメは、正直、嫉妬の炎がメラメラ燃え上がりますね♪

      アニメの音響って、想像以上に良いものもあって、我が家でも昼間はオーディオシステムで聞いています。なので、その電気代の葛藤がよぉーっく分かります。
      あ!「シャンランラン feat.96 猫」は、良い曲ですよね~♪あれは、高音質で聴きたいっすよね。

      • ジャイアン より:

        既にiTunesでTVバージョン購入済みッス!
        フルバージョンかと思って、課金に応じたのにぃ〜orz
        チョット勇み足でした。
        でも、音は良いっす!
        しかも、かなり良いっす!
        ヘタにCDリッピングするより、断然良いっす!
        miwaさんのアルバム、最近の三枚を購入済み…
        でも私的には、シャンランランが一番ですねw

        • ぢるんぢるん より:

          オーディオとアニメは親和性が高いというか、混ぜるなキケン!というか、ものの見事にハマッて行きますよね。
          私は一旦買いだすとキリがなさそうな「アニメは観てもフィギュアやDVDは買わないルール」は守ってきました。でも、気に入ったアニソンは「オーディオの範囲だからいいぢゃん!」と気軽に買ってしまいます。
          そして、アニヲタ・オーディオタイプが誕生するのです。(深刻な合併タイプです)
          シャンランランラーン♪あ゛あ゛、私も音源が欲しくなってきました。オーディオとアニメは混ぜるとキケンですね♪