安物の布団

布団を買い替えました。前回のは、2010年に5,700円くらいで買ったものなので、まあまあ長持ちしたと思います。

古い布団
↑旧・ふとん

葉っぱ柄の布団は、見た目まだまだ使えそうでしょ?でもね、この布団、綿が偏ってしまって、綿のあるとこ!綿のないとこ!があり、兎に角クッソ寒いのですよ。

そお!私の布団には、所々布だけの部分があるのです。つまり、「保温をする」という布団の基本的機能を欠いているのです。という訳で、買い替えなのです。高価な真綿布団だったら、打ち直しが出来るのだけど、我が家の安物布団には、偏ったマイクロファイバーの毛玉が入ってるだけですからね。

ヾ(`・ω・´)ノ どーしろってんだ!

布団について、友達に相談すると、「羽毛なら2~3万円以上出すと、冬はあったか!夏もそこそこ涼しい!という快適な布団が買えるよ」というアドバイスをもらいました。でも、私はまた安物の布団を買ってしまいました。ゴメンね。
なぜかって?それは、以前そこそこの値段の羽毛布団を買ったけれど、電気ストーブでこんがり焼いてしまったんだもん。
詳しくは、
過去の記事「電気ストーブ」へ

だ・か・ら、安物の布団でいいのんぢゃ!(焼いてしまったら元も子もないからね。)

そして本日、タイムセールで4,593円の布団が届きました。今回の布団の綿は、スキーウエア等に使われるシンサレート(ウルトラグレード)素材です。「安物の羽毛布団より保温力は高い!」というレビューを参考に購入しました。

新しい布団
↑新・ふとん(カバーを付けるので、この際、柄はどーでもいい。)

届いて早速、試しに布団に入ってみました。新しい布団はちょっと固く、コタツ布団みたいな質感でした。でもね、確かに暖かいです。旧・ふとんに比べたら月とスッポン!くらいに違います。
まあ、安物なんで4~5年持ってくれたら幸いです。そして何より、電気ストーブで焼かないように気をつけます。

スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




フォローする

スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




コメント

  1. 杉山接骨院 より:

    私は、タオルです笑

    • ぢるんぢるん より:

      タオル焼き焼きですか?
      私、杉山先生はもっと落ち着いた方だと思ってました。
      …お互い気をつけましょう!(>_<)b

  2. ジャイアン より:

    布団ではなく、敷物が新たに加わりまして、おかげで部屋自体がビックリするほど暖かく過ごせるようになりました。
    床下から冷気が上がってくる隙間があったのですが、そこを断熱シートと電気カーペット、その上に敷物やムートンのラグと、ほぼシャットアウト!
    さらにその上に布団という、昨年から比べたらビックリするぐらいの環境変化がありまして、夜も暖かく過ごせております。
    これらが、全て貰い物で実現できたところが、一番のポイントですね!
    ご近所さん、バンザイ!ですw

    • ぢるんぢるん より:

      完璧な床暖房!暖かそうで良いですね。
      そして、何よりご近所の皆様のご厚意というのが、とってもあたたかい!
      冬場の我が家は、例年酷い結露に襲われるのですが、実はそれ「風呂場から居間下への漏水」起因で、修理した今年は少しはマシかな?という淡い期待をしています。