どうぞ、どうぞ!

事情があって今日も出社日になりました。2日連続の出社でした。今日は便利な市バスを利用しました。バスは30分に1本しかないのですが、自宅から会社に向かうには、歩く距離がかなり短縮されるのです。

平日昼間のバスは、お年寄りだらけです。バスに乗ると日本が高齢化社会で、高齢者にとって電車よりバスの方が利用しやすい!といった現実を体感できますよ。バスは停留所の感覚が駅より細かいですし、ホームがない分乗り降りが楽です。そして、どちらかというと、高齢者の乗車マナーは、あんまり良くない事も目の当たりにします。混んだ車内で2人掛けのシートを1人で占拠したり、携帯電話でバリバリ通話してるのは、まあ、お年寄りが多いですわ。(お年寄りばっかだしね♪)

しかし、今日はちょっといつもと違うバス車内でした。乗り込んだバス停からは、私とお年寄りが2人、そして、赤ちゃんとそのお母さんが乗り込みました。車内はほぼ満席でしたが、1人掛けの席がひとつだけ空いていました。いつもなら、我先に!と誰かが座ったりするのですが、今日は譲り合いが発生しました。

先ず、お婆ちゃんが赤ちゃんとそのお母さんに「どうぞ、どうぞ!」と笑顔で席を勧めます。若いお母さんは、「すぐ降りるから大丈夫ですよ」と笑顔で遠慮します。
「笑顔で勧める」⇔「笑顔で遠慮する」
車内では笑顔の攻防が展開されました。結局、次のバス停までその席は空いたままでした。立ってる人がいっぱいいたのに。

傍から見たら「誰か座ればいいぢゃん!」的なやり取りだったのかも知れません。しかし、それはとても美しい情景に思いました。合理的でないものが美しかったり、尊かったりするよね?ちなみに、私も笑顔の譲り合いに参加しましたよ♪(空席の最寄に立っていたので…。)まあ、私の場合、爽やかの押売り!?ですけどね。

路線バス

スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




フォローする

スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




コメント

  1. ジャイアン より:

    必ず電車内で高齢者に席を譲ります!
    とは言え、もう5年も上京してないのですけどね(ーー;)
    私の住んでる地域では、通勤時間帯でない限り、席が埋まるということはないですわ!
    今日は電車で病院まで行ったんですけどね、車両のドアの開閉が手動ですよ、手動!( ・_・;)
    手動っても、開閉ボタンを自分で押すっていう意味ですけど。
    地方ではあまし珍しくないかも。
    東京でも冬場の八高線がそうだったし…って、あれはここより田舎だな!
    ぢるんぢるんさんのご意見、激しく同意です!
    確かにちょっと笑っちゃう話ですけど、そんな小さな笑い話も聞かれないぐらい殺伐とした社会にはなって欲しくないですねェ。

    • ぢるんぢるん より:

      手動ドアって、寒冷地だけだと思ってました。日本は狭いようで広いような、…ビックリしました。いろいろあるんですね!!
      今日のバス乗車は、とてもホッコリしました。いつもギスギスしたニュースばかり見聞きしていたので、とても貴重な体験でした。まだまだ、世の中は「愛くるしい」もので満ちてますね♪