火サスの旅

昨日の朝は生憎の天気でしたが、京都丹後半島へ日帰りの旅行に出掛けました。日帰りとはいえ、私の観光旅行は実に7年ぶり!なのです。

11時頃、伊根の舟屋へ到着。偶然映り込んだご夫婦っぽい方たちに、火サスのようなストーリーを妄想しました。

伊根の舟屋
↑見知らぬご夫婦、観光客を勝手にキャスティング

昼は1食1,500円の海鮮丼を食いました。あまりの美味さだったので、しばらくスーパーの刺身は食えないだろう。(写真は取り忘れました。)

14時くらいにこの景色に遭遇。引き続き、ストーリーを妄想します。絶壁といえば、火サスのクライマックスですね。

丹後半島断崖絶壁
↑吸い込まれそうな絶景

海岸付近では、警察(ホンモノ)の方が密漁の監視をしていました。私はよく職質されるのでヒヤヒヤしました。でもね、私はただ妄想をして遊んでるだけです。「頭でも打ったのか?」と思われるでしょうが、そっとしてあげてください。

そして、陽が傾きかけた海水浴場。私以外のバーベキューをしていた人たちが1組という、9月の寂しい海水浴場で海を見ました。

琴引浜海水浴場

しばし、寄せては返す波に煌めく光を眺めていました。(まだ妄想を引っ張っています)

それから、宇川温泉・よし野の里へ向かい、露天風呂から日本海に沈む夕日とイカ釣りの漁火を見ました。それは、とてもキレイな景色でした。

セミの声と秋の虫の声が混じる音を聞いたり車窓の外にコスモスをみつけたり、雨上がりの初秋、早足に移ろう天気と季節を感じ、小さな息抜きが出来た一日でした。
たまには遠くに出掛けてみる、っていいですね。

スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




フォローする

スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)