ぬか床デビュー

我が家のぬか床 日常

山口美江の「しば漬け食べたい」ではなく、私が時々無性に食べたくなるは「ぬか漬け」。そんな時はスーパーで漬かったモノを買って来るのですが、キュウリ2本入りで200円くらいすると、なかなか買い辛いのです。その200円で別の食材や総菜を買いたいですからね。




S&B 発酵ぬか漬けの素

そんなある日、近くのマックスバリューで「S&B 発酵ぬか漬けの素」を見つけました。値段は税抜き価格で470円くらいだったかな?その時は購入せず、帰宅してネットで調べてみました。

S&B 発酵ぬか漬けの素は、塩と水を混ぜて捏ねたりクズ野菜を漬けたりの下準備不要で、いきなり漬物が漬けられる優れものです。手入れ無しならキュウリを10回ほど漬ける事が出来ます。さらに、配合される香辛料の効果で10回以内はかき混ぜ不要という手軽さなのです。

本体約500円にキュウリ1本50円(今は結構高いですよね)とすると、10回漬けた時のコストは1回当たり100円。キュウリ2本なら150円…。これなら、お安い普通の「煎りぬか(100~300円)」を加えるランニングコストと漬け込む野菜の値段のみで、美味しいぬか漬けが食べられるじゃん!

万が一、味が気に入らなかったり面倒臭くなったりしても、最後に肉や魚を漬け込んで捨てちゃえばいいや!と軽い気持ちで購入しました。

S&B 発酵ぬか漬けの素 クリップ付

出典:S&B 発酵ぬか漬けの素

ぬか床デビュー

S&B 発酵ぬか漬けの素は、酸味の強い味に仕上がります。私が持っていたぬか漬けのイメージとは少し違いますが、これはこれで悪くない味です。そして、5回目くらいで水分が多くなり、余計な水をキッチンペーパーで吸い取る必要性が出てきたタイミングで余っていた100均のタッパーに中身を移し替えました。

我が家のぬか床

タッパーが小さく、キュウリは半分に切ってから漬け込まないといけませんが、ベースのぬか漬けの素が1kgなので、これで良しとしました。ぬか床は基本常温で保存していますが、少しお休みしたい時は冷蔵庫に収めればOKです。その場合、毎日かき混ぜる必要はなく、4~5日くらいなら放置出来るそうです。私は使わなくても毎日かき混ぜてしまいますが、体調不良の時等に放置可能は助かりますね。

今のところキュウリ、ニンジン、大根くらいしか漬けていませんが、1か月が経過した頃からだんだん好みの味に変わってきました。塩と天然調味料が入った安い「ぬかづけの素」に唐辛子だけを足して、好みの味に仕上がってきたようです。子供の頃、母の手伝いで毎日掻き回していた「あの、ぬか漬け」に近づいてきた気がします。

ぬか漬けの素

あ、そおそお、かき混ぜるのに抵抗がある方は、100均で売っている小さなヘラや木しゃもじなんかを使うと良いですよ。極力ぬか床を触らずに済みます。

炊き立てのゆめぴりか、ぬか漬けと味噌汁、あと何か一品があれば幸せ。

みたけ 発酵ぬかどこ 1kg

みたけ 発酵ぬかどこ 1kg

751円(06/22 17:30時点)
Amazonの情報を掲載しています
冷蔵庫で育てる熟成ぬか床800g

冷蔵庫で育てる熟成ぬか床800g

1,000円(06/22 18:10時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメント

  1. ジャイアン より:

    ぢるんぢるんさん、マイぬか床にまで手を出すんですか!ちょっとびっくりぽんです。

    ぬか漬け美味しいですよねぇ!私も大好きです。
    大好きですが、ぢるんぢるんさんと同じ理由で、普段の食卓には上がらないメニューになっています。

    私のぬか漬けの思い出といえば、祖父母の家です。古い作りの家で、土間の台所にかまど。当然のようにぬか漬けや梅干しを作ってました。
    しかぁ〜し、私には自分でぬか床を作る発想はナッシング。ぬか漬けについてちょっと調べてみましたが、一から始めるのは私にはハードルが高そう。紹介してくださってる商品を使えばかなり楽できそうですが、自分一人だけのためになるとなぁ…それさえも面倒くさくなりそうです(笑)

    • ぢるんぢるん より:

      私もマイぬか床を持つなんて夢にも思いませんでした。
      ぬか漬けは美味しいけれど毎日は欲しくありません。そんな日は何も漬けないで冷蔵庫にしまってお休みしています。私も既成概念から、ぬか床はハードルが高いと思っていましたが、やってみると意外とテキトーでも大丈夫でした。
      ネットで情報を集めて、今度は何を漬けようか?どの調味料を入れようか?と考えるのが、今は楽しいです。

      でも、飽きたらスパッとやめま~す。