プテリス・エバーゲミエンシス

1月7日に新年の挨拶ってどうなの?とは思いますが、新年明けましておめでとうございます。
現在、当ブログは昨年のサイトクラッシュ事件の復旧作業中で、本年は既に10数件ほど再アップをしています。この作業がメンドクサクて、新規記事の執筆が今頃になっております。

プテリス・エバーゲミエンシス購入

今回のテーマは、昨年末に購入した観葉植物「プテリス・エバーゲミエンシス」です。
プテリス・エバーゲミエンシスは、熱帯・亜熱帯に自生するシダ植物、プテリスの一種です。シダ植物といえばアジアンタムが有名ですね。私も過去に何回か購入し育てては、その度に枯らしていました。
●過去の記事「アジアンタムを買ったった!
そんな私ですが、性懲りもなくシダ植物を購入してしまいました。
だって、ワラビみたいなウネウネの新芽が生えてくるシダ植物が好きなんだもん。(「だって~だもん」は負け犬の常套句です。)

昨年、熱帯魚水槽を導入時に部屋の模様替えをしました。その際、ベッドサイドに小さな空きスペースが生まれたのです。当初、ここには目覚まし時計のみを置いていましたが、その様子はあまりにも殺風景でした。そこで、100均の造花でも飾ろうかと思いました。しかし、いろいろ考えてみたものの「これだ!」というイメージが湧いてきませんでした。そして、結局、再び観葉植物を置くことに決めたのです。

今回はアジアンタムより栽培難易度が少しだけ低いプテリスをチョイス、その内見た目が好みだったをエバーゲミエンシスを購入しました。状態の良いものがホームセンターで198円(税別)で購入できました。導入コストも安く済みました。鉢と土、霧吹き等を購入しても全部で600円程度でした。

プテリス・エバーゲミエンシス1

全て安価なものですが、部屋のカーテンやシーツとデザイン的にも調和がとれました。

プテリス・エバーゲミエンシス2

ちなみに、候補案のひとつ「ベッドサイドでネギを育てる」を廃案にして正解でした。

スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




フォローする

スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)