なにわ淀川花火大会

私は行きませんし、見ませんよ。家の近所からは勿論、マンション上階に上がれば凄い好条件で見られますけれど。

そうそう!あれは忘れもしない5年前の今日。私は死にかけて入院していました。急性腎不全、急性肝不全、急性腸炎のトリプルパンチでした。最初の入院先から転院が決まり、その準備の為に一時帰宅をしました。その日が花火大会でした。ちなみに、病院側からは退院日の調整を提案されましたが、それまでの加療内容に多大な不満がありましたし、その日が花火大会当日だったなんて、意識が朦朧としている私に判断などできるはずもありませんでした。

そんな状態で退院したものの交通規制でタクシーが捕まらず、病院から自宅まで歩いて帰って来たのです。その距離は1kmと大したことないのですが、死にかけていたので3時間も掛かって歩いて帰って来たのです。あの時は、既に2週間ほど絶食中で、院内では車イスか杖を借りてましたから少しの距離を歩くのも辛い状態でした。

街は浴衣を着た若者や家族連れで溢れかえり、しゃがみこんでいたら「舌打ちされる」か、「邪魔!」とか言われたのを覚えています。当然ですよね。けれど、迷惑をかけている事は分かっていたのですが、どうする事も出来ませんでした。背後には大きな花火が轟音と共に上がっていました。その音で頭が痛くて堪りませんでした。

淀川花火大会

そして、それはもんの凄く嫌な思い出になってしまいました。今日はジムの帰り、まだ夕方4時なのに、会場最寄りの十三駅が凄い人でした。超ウザかったわ!道いっぱいに広がって歩くな!って感じです。自転車のベル、リンリン鳴らしたったわ。

私は花火大会が嫌いです。それは捻くれているからぢゃありません。5年前のトラウマが蘇っちゃうからです。今夜は花火大会が終わるまで、大音響でオーディオ鳴らしてやるのんぢゃ!

スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




フォローする

スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)