金木犀のかほり

この季節、雨上がりの住宅街を歩いていると、至る所で金木犀の香りがします。大阪市内の我が家近辺では、金木犀を植えているご家庭が多いようです。とても、いい匂いです。

話は変わって、私は子供の頃、静岡県浜松市に住んでいましたが、浜松という町は年がら年中風が強くて、古い住宅街の殆どは、風よけの為のマキの木を生垣にした家が多かったです。マキの木は、遠州弁(浜松地方の方言)で「ホソバ」と言いいます。

金木犀のかほり
↑ホソバのイメージ

そう、あまり金木犀を植えている家はありませんでした。それでも、小学校のクラスメイト、ある女子の家に金木犀が植えてあって、この季節になると、あの香りを放っていたのです。

でも、私は子供の頃からバカぢゃないですかぁ!?金木犀の香りをトイレの芳香剤の匂いだと勘違いしていたのです。そして、クラスメイト女子にあるあだ名を付けてしまったのです。今思うと、ごめんなさいって感じです。
だって、あだ名はサワデーだったんだもん。

金木犀の香りを嗅ぐと、幼い頃のサワデーを思い出します。
それは懐かしくも、ごめんなさいなかほり。

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)

コメント

  1. サブ より:

    あるあるあるw
    キンモクセイの香りって、素敵な香りなんだけど、
    真っ先にトイレの芳香剤の匂いを連想しますよねえw
    あるあるあるおw

  2. ぢるんぢるん より:

    キンモクセイって言えば、サワデーでしたよね。
    そんな私の幼少時代、自宅トイレはボットンで、そこに落っこちたことがあります。
    片足だけですけれど♪その時、目の前にサワデーがありましたわ!

  3. ジャイアン より:

    おじいちゃんが大切に育てていたキンモクセイの庭木。
    その枝を折って、スゴイ怒られそうになった事があります。
    でも、相手は孫。
    怒るに怒られず、すごく複雑な表情をしていたのを思い出します。
    枝を折ったのは、幼稚園の花瓶に挿してもらおうと思ったから。
    同じクラスの子がキンモクセイの枝を持ってきて、先生にえらく褒められていたのが凄くうらやましく、ならばオレもと…
    子どもらしい動機ですねwww

  4. ぢるんぢるん より:

    ジャイアンさんにもそんな可愛らしい頃が…。
    「褒めてもらいたくて」だなんて、本当に可愛らしい。
    私の家は家族そろってアホだったので、「真夜中にミカン狩り」(犯罪です)とかに行ってました。
    そして、私のよーなオッサンが出来上がりました♪