マヨネーズは幸せの味

私は貧乏人です。以前知人から、「貧乏というのは、心が貧しいという意味もあるから使ってはダメだよ」と言って貰った事があるのですが、言葉として現状を表すに、それは適切な語句ではないかと思います。「金がない!≒心が貧しい」の方程式は、たぶん間違っていないのですよ。悲しいけれど…。

今日は私の食生活についてです。私は基本的に外食はしません。貧乏なのもありますが、外食は、味優先の高カロリー・高脂肪・高塩分なモノが殆どだからです。なので、健康面を考えて外食は滅多にしないのです。しかし、それでも脂っこいものが食べたい時は、週一回くらいなら食べます。それは天ぷらだったり、フライだったり、昔は常食にしてたポテチだったりするのです。でも、ああいったモノは一回食べてしまうと、続けて食ってしまいたくなるものです。そこで!マヨネーズご飯ですよ。

味の素「ピュアセレクト サラリア」で作れば、コレステロールもへっちゃらですよ。お値段は普通のマヨネーズの比ではないですが、食べても大丈夫そーな特保なら良くなくね?

マヨネーズごはん

そーそー、私は子供の頃、病弱で小学校の1年生までは、2日に1日は家で寝込んでました。けれど、そんな私に母親はいちいち消化の良いものを与えてはくれませんでした。仕方がないので、家で寝込んで昼食の摂れる日は、毎回自分でマヨネーズご飯でした。(朝、残ったご飯を自分で盛って、食べたらちゃんと洗ってましたよ。)なんか貧しいご飯のよーですが、食欲がなかったり、ご飯自体が無い日もあったので、食べられるだけで幸せでした。上品なお育ちの方には嫌がられるかも知れませんが、なんだろね、アレはアレで旨いのですよ。

そして、今でも時々マヨネーズご飯を頂きます。綯交ぜの気持ちも記憶もグチャグチャにして食うのです。それは、初心に帰れる気もするし、何より好きなんぢゃ!
グチャグチャなマヨネーズご飯は、幸せの味っすよ。

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)