焦げ焦げトースト

貧乏な我が家には、生意気にもオーブンレンジがあります。

電子レンジ

一見普通に見えるこのレンジ、実は粗大ごみから拾ってきたやつです。拾った当時は、そこそこ収入もあって、レンジを買うくらいの収入は十分ありましたが、拾う事が男のロマンぢゃね?とか、思ってましたから、神様ありがとー!と、叫んだことを覚えています。

そーともさ!拾ったんだぜえ~。ゴミ漁りは、男のロマンだぜ~。

あーでも、普段は殆ど温めるだけのレンジ機能しか使いません。だって、オーブンレンジでトーストって、時間かかる上に、掃除が結構面倒くさいんだもん。ゆえに、朝のトーストなんかはフライパンで焼いたりするのです。

炭?
↑あ゛あ゛、今朝も焦げ焦げ!

何かを火にかけて、ほったらかすのはやめましょう!

私その昔、喫茶店の厨房で働いていましたが、元プロから見るこのトーストのそれは、もう捨てるレベルの焦げ焦げです。

でも、トーストはこれが最後の一枚なんぢゃ~!
買いに行くのは面倒くせーのんぢゃ!

つーことで、包丁でガリガリ削れば行ける筈!
ここはチャレンジしてみましょう!

焦げ焦げトースト

うーん、なんか見た目の不味さが、レベルアップしただけのよーに思います。
……。
さあ、食え、食ってみろよ!

=== 実食!===
苦さがお口いっぱいに広がります。私の人生のように。
一言で表すなら、ムカつく!?超ムカつく!?

最後まで頂きましたが、…なんだろう?行き場のない悔しさ、虚しさが心にしみる味ですね。

馳走!(「ご」と「様」は要らない!)

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)