電気ストーブ

ぼちぼち冷え込んできたので電気ストーブを準備しました。消費電力150/300ワット切替、我が家の電気ストーブです。

電気ストーブ2

一見普通に見えるでしょ!?でも、よく見るとヒーター上部が燃えて無くなっています。

電気ストーブ

樹脂部分が熱に耐えられないとか、どんな設計したらこんなストーブ作れるのんぢゃ!とか言いながら、もう4年も使ってます。

この電気ストーブは凶悪です。
今まで数々のモノを燃やしてきた、放火魔野郎です。(全部、私の不注意が原因だけど)

== 凶悪な電気ストーブの犯罪歴 ==
1.コート、スーツ等衣類への連続放火
2.布団への放火
3.座椅子への放火

特に2.の布団への放火は最悪の事件でした。直接の被害は布団に5センチくらいの穴が開いちゃった!と、微災とも言えるレベルです。
しかーし!その微災が、その後甚大な2次災害を引き起こしたのです。

(=μ_μ)σ│だって、私は裁縫が苦手なんだもん
(=μ_μ)σ│「アテ布をして繕う」なんて事が出来ないんだもん
(=μ_μ)σ│仕方ないから、ガムテームでワイルドに補修したんだもん
(=μ_μ)σ│面倒くせーの苦手なんだもん
(=μ_μ)σ│そろそろ「だもん」が鬱陶しいでしょ!?

ガムテームはあまりにもワイルドな補修だったので、中の羽毛が布団カバー内に漏れ出すのですよ。もう、布団カバー洗う度に羽毛がワサワサとね。その量がだんだんもの凄いことになって来て、室内では対応しきれなくなっていったのです。そして、いつしか、ベランダでニワトリ絞め殺すくらいの羽毛が舞ってるよぉー!といった2次災害に見舞われたのでした。精神的な被害は甚大でした。布団カバー交換しているだけなのに、ニワトリを絞め殺した気分だし。

でも、今は安心です。布団は万が一、放火の被害に遭っても、今使っている布団の中綿は難燃のマイクロファイバーですから。もう何も怖くない!(by 巴○ミ)

○ミさんに謝れ!

電気ストーブの取り扱いは、慎重にね!
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)