捕まえて

私の住んでいる賃貸マンションは、犬や猫等のペット飼育は禁止です。まあ、猫を飼っている人はいますが、私は猫んが好きだし、全く気にならない。(本当はダメですよ。)というか、猫好きだし、猫好きだし…。

私は時々、猫を追いかけてしまいます。猫に触りたくて、我を忘れてしまう事があります。前職では、通勤途中で萌え死にしそうな仔猫を見かけ、どーしても触りたくて近づいてみました。出社時間迫っているのに。しかし、仔猫でも猫は猫。そうそう捕まってくれません。

それは、もうちょっとで捕まえそうなのを焦らされているよう!渚で戯れるカップルの、「おほほほ~、捕まえてごらんなさ~い!」的な萌えですよ!そして、「待て~こいつぅ~」的な私が居るのですよ。

捕まえて

結局、時間的に深追いをし過ぎて、猫には触れない。正直に遅刻の理由を申告して、上司の逆鱗には触れてしまう。という甘酸っぱい思い出があります。…適当な嘘は必用だぞ~!一社会人としては、ね。

さっき、切らした煙草を買いに出て、近所の猫を追いかけて、知らない間に30分が経っていました。でもね、フフフのフ~、今日は触れたのだ!

この人痴漢です!

猫からしたら、私は通り魔的な痴漢ですな。

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)