ビックリ就職試験

最近、忙しくてブログを更新出来ませんでした。そおそお、就活が忙しかったのですよ。私は体力的にフルタイム勤務が難しくなって来たので、パート勤務中心の就活にシフトしたのです。パート就活は、フルタイム就活より幾分ハードルが下がります。それまで書類選考のみで落とされていたものが、とりあえず面接まで行ける確率が高くなっていたのです。だから、就活が忙しかったのですよ。…まぁ、それでも現時点で内定は頂けていないのですがね。

今日はその内のエピソードのひとつを記事にしてみるのです。私は某団体のパート職員に応募しました。

募集要項では、
・土日祝休み
・最低賃金
・週20時間勤務から相談
といった内容で事務のお仕事でした。

そしてある日、「書類選考は合格です。今から面接に来ることは可能ですか?」という旨の連絡を受けました。団体の定休日である…日曜日に。私は「何か変だな」とは思いましたが、あまり細かいことは気にせず、日曜日の面接に出かけました。そして、3時間の面接を終え、最後に合否の通知について伺いました。すると、「パソコンのスキルチェックをしたいので、明日、月曜日の朝9時に再度試験に来てください」と言われました。私は「何か怪しいな」とは思いましたが、翌日9時に再び試験に臨んだのです。

募集要項にはエクセル・ワードとインターネットでの作業とあったので、「30分くらいで終わるだろう」と軽い気持ちで出掛けました。しかーし!試験内容はトンデモナイ内容でした。試験内容は募集要項とは全く関係のない、イラストレーターを使ってのチラシの作成というものでした。(他人の作りかけのモノね♪)4月からの新事業に使われるそうで、納期直前の期限付きでした。(職務経歴書にイラレ使えますって書いたけどさ…。)
ええーっと、ここでイラストレーター利用歴アリの方だと分かって貰えると思うのですが、他人の作ったデータは、先ず理解するのに時間がかかります。さらに、よくわからない人が作ったものだとただ、訳が分からないデータの塊です。

訳が分からないよ。

それは、数え出したらキリがないほどの惨状だったのです。

● 何ですか?コレ?リスト ●
・パーツのフォルダ管理がされていない。
→ どこに何があるか、作った本人が分からない♪
・レイヤーの概念が無視されている。
→ 関連性のないオブジェクトがランダムでグループ化されている。
・テキストがアウトライン化されているのに、アウトライン化前のデータが一切無い。
→ 校正・修正は全て再入力から。
・ビミョーに違うフォントを使い過ぎている。
→ 説明されても、何が違うのか本人すらも分からないレベル。

つーか、使い方が分かんないならオフィスソフトかペイントで作ったらいいのにね。ああいったソフトでもちゃんと使えば十分なクオリティで作れるのに、何故に無理してイラレを使いたいんだろう?色校正も出来ない環境で、入稿はPDFなのに…。

 ビックリ就職試験

結局、その試験は8時間に及ぶものになりました。(ボリューム的に普通のお仕事と変わらなかったよ♪)私は「これは確実に怪しいな」とは思いましたが、一応その日の試験の合否を伺いました。すると、「明日、団体の機関紙を作ってください。それから人事決裁権のある役員と相談します」と言われました。(゜Д゜) ハア??

訳が分からないよ。

採用までのプロセスを簡潔にまとめると以下の通りです。
・採用の確約は出来ない
・勤務開始日は4月下旬から
・それまではスキルチェックを兼ねた無報酬の研修
(1ヵ月半の間、タダ働きってことね♪)

私は当然辞退をしました。内定もらった新卒の研修とかインターシップなら兎も角、最低賃金パートの応募ですからね。それは、ねーわ。
団体の事業目的は、社会貢献の側面から素晴らしい内容・事業だと思いました。また、職員さんも優しい人ばかりでした。けれど、雇用契約に於いては論外の団体だったのです。(”^ω^)・・・

あのぅー、普通の人は高尚な理念だけで、霞を食って生きて行けねーっすよ。私は前職を直ぐ退職してしまった罪悪感や困難な就活生活の中で、「それでも仕事に就けるかも知んない!」という淡い期待に、冷静な判断が出来なかったのです。
でもまあ、これは違うと確信出来たし、ある意味楽しい経験は出来たし、触ってみたかった最新のCC触れたし、パッパッと切り替えて次の就活にチャレンジするのです。

‹‹(´ω` )/››‹‹(  ´)/››‹‹( ´ω`)/››
皆さんも怪しい情報に惑わされないでね♪

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)

コメント

  1. ジャイアン より:

    その面接とか試験の名を借りた無賃金労働は!
    そんな破廉恥なマネを、よくもまぁできるモノだなぁ(^ω^#)ビキビキ
    当然のお断り、正しい判断であったと、私はぢるんぢるんさんを完全に支持します!
    イラレの件、ヨォ〜く、ヨォ〜くヨォ〜く分かります!
    人の作ったイラレファイルなんか、いじりたくないですよ!
    名の通った信頼のおける方謹製のファイルなら、「これも勉強」と喜んでいじりますが、お話の内容を読む限り、素人同然の輩が作ったファイルに間違いはナイ!
    私がそのようなお仕事を請ける場合は、相場の倍額をふっかけます!
    結局はそのファイルを下敷きにして、新たに作った方が早いので、場合によっては楽なのですが、でも倍額!
    つまり「舐めんなよ、バァ〜ロォ〜!」という意思表示ですねw
    私は、自分が作ったファイルをいじられるのも、嫌です。
    だから納品する時は、レイヤーを統合してEPSFで納めます。
    PDFならイラレ編集情報を破棄します。
    それでも、時々、自分で「あのデータはどのレイヤー?」と迷うので、レイヤーにはご丁寧に、置いてあるデータの種類をかきます。
    レイヤー数が半端ない事にもなるのですが、そこで「まぁいいか」と手を抜くと、後で痛い目を見るのは自分!
    とまぁ、イラレのファイルをを見ると、作成者の力量もさることながら、性格まで透けて見えるんじゃないかなぁと考えるジャイアンです!w

  2. ぢるんぢるん より:

    今回応募した求人はNPO法人なので、ある程度のサービス残業は覚悟していました。しかし、サービス残業どころか採用前にボランティアをさせられるとは思いませんでした。そして、ビックリ面接がビックリ試験になり、初めて素人の作ったAiファイルを見てしまいました。私自身も初心者ですが、アレは初心者とか素人とか、そういうレベルではありませんでした。アレはカオスだ!
    ((((;´・ω・`)))ガクガクブルブル
    さらに、前回号の機関紙は縦書きなのに英数字が皆横倒し…。
    ((((;´・ω・`)))ガクガクブルブル
    もひとつおまけにホームページが…。
    ううん、もう忘れることにします。( ˘ω˘ )

  3. ジャイアン より:

    スキルの低さが否応なくにじみ出ているNPO法人さん…
    きっと個々人の技量に頼った、労働のあり方としてかなり偏った職場なのではと、コメントから拝察いたしました!
    ウ〜ン、クワバラクワバラ^_^;
    唐突に告知です!
    実に個人的な情報を書きづらい私のブログ「ジャイアンのその日暮らし」ですが、その弊害を回避する策として「バックドア」という名のブログを起ち上げましたw
    http://mark-create.cocolog-nifty.com/backdoor/
    アッチじゃ書けないことを、コッチに書きますw
    んじゃぁ、あそこはどうするんだよ!という声が聞こえてきそうですが、あそこはアーカイブという名の恥さらしとして、当面放置!ですw

  4. ぢるんぢるん より:

    NPO法人の皆さんが全部そうではないし、こういった言い方は失礼かと思うのですが、基本的にあの方たちは「世捨て人」です。良い意味でも悪い意味でも。
    そして、そんなことより、…あはは♪新たなブログスタートっすね。早速、ブックマークとコメントを投下させていただきました。(^^)/