赤コリさん

年初めのブログで少し触れましたが、7年近く一緒に暮らした赤コリさん(コリドラス・アルラウネ♂)が亡くなりました。1月3日の事でした。

赤コリさん

赤コリさんは、私がこの賃貸マンションに越して来て、最初に飼った生体の生き残りです。ただ、赤コリさんは単なる長生きさんではなく、奇跡の長生きさんだったのです。

私は7年前に大病を患い、3ヶ月間ほど入院をしていました。一時は生死を彷徨うほどの状態でした。当然、帰宅など出来るはずもなく、最大で3週間近く部屋を空けることになりました。当時の水槽は惨状でした。帰る度に腐ったお魚の死体を処分しながら、「ゴメンネ」としか言えない衰弱した私がいました。そして、退院して自宅に戻ったとき、ベージュ色に混濁した水槽の中に動く生体を見つけたのでした。そう、それが赤コリさんでした。

食べるものは他の生体の死体のみ、真夏の腐った飼育水の中で赤コリさんは生きていたのです。私はあの時の命の感動を今でも忘れません。病気で死にかけた事より、辛くて苦しい事が入院中には沢山あったから…。赤コリさんが、ただ生きていてくれた事に、あんなに嬉しかった事はなかったのです。私は声を出して泣いたのを覚えています。

赤コリさん2

赤コリさんは、ちょうど1年前に亡くなった白コリさん(♀)を埋めた辺りに土葬しました。私なんかと7年も一緒にいてくれてありがとう。赤コリさん。

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)