稚エビすくい

我が家の水槽の水換えは、ほぼ毎日です。それは、今年に入って爆発的に増えたミナミヌマエビが原因なのです。現在、36センチ18リットル水槽には以下の内訳で生体がいます。

生体の内訳
ネオンテトラ 9匹
オトシンクルス 1匹
サザエ石巻貝 4匹
ミナミヌマエビ 150~200匹

前回の記録からだと、魚類がだいぶ減っちゃっいました。いくら濾過能力の高い外部フィルターを使っているとは言え、小さな水槽では明らかに飼い過ぎなのです。何事もほどほどがちょうど良いですね♪とか、心底思いながら、今日も水換えをするのです。毎日の水換えは地味にメンドクサイです。適正数での飼育なら1~2週間に1回の頻度でいいのにね。orz
水草は流木や石に活着するタイプなので、水草メンテナンスはラクチンです。頻繁なトリミングは不要ですし、水替え中は水草ごと水槽外に取り出せるからです。しかし、床砂にたまった糞やゴミを専用のホースで吸い取った後にチョーメンドクサイ作業が待っているのです。

そお!バケツの汚水の中から、ヽ(゚Д゚)ノ 稚エビをすくうのんぢゃ!
→ ゴミと一緒に稚エビも吸い込んじゃうから。

稚エビすくい

バケツからの稚エビすくいは3回くらいやります。(沈殿したゴミだけを捨てて、換水量を抑えてます。)上の画像は2回目の時のものです。ミナミヌマエビの稚エビは体長2ミリくらいなのですが、実は同じくらいに見える微生物もたくさんいて、老眼の私には正直キッツイのです。だって、どれが稚エビなのかよくわかんないんだもん。

( ³ω³ ) あ゛あ゛も゛う゛全然見えねーっすよ。

つーか、老眼鏡掛けてても見えねーっすよ。兎に角、稚エビは逃げ惑うし、変な虫っぽいのがいっぱい居るし、ずっと目を凝らし続けていると、だんだんとイライラとしちゃうのです。→ 見えないストレスは年寄りにしかわからない。

稚エビすくい(水槽)
↑これでも目視できる生体が150匹以上♪

本日も無事に稚エビすくい完了しました。途中、逃げんなゴルァ!とか、叫んだり、叫ばなかったり…。いつか寡黙なオヂさんになりたい、ハンマーダック46歳。♪ヽ(∂。∂)ノ♪本日は12匹すくいました。

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)

コメント

  1. ジャイアン より:

    そういう時はDSSチョーカーを使えば、話が早いッス!
    たぶんwww

  2. ぢるんぢるん より:

    生存確率を上げるには手早い作業が求められるのに、なかなか捕まってくれません。
    なので毎回叫んぢゃうのですよ。よよよのよ。o(TヘTo)

  3. のりぞー より:

    見えないストレス・・・えぇ。分かりますとも(笑
    と言うか。
    見えない物は居ない物と諦めてます・・・(;´Д`)

  4. ぢるんぢるん より:

    老眼鏡を掛けてみると、ボンヤリと見えるんです。ただ、それが稚エビなのか虫なのか、よくわかんないのです。でも、それでは「きりがない」ので、適当なところで諦めることにします。(>_<)