冷凍ほうれん草の謎

我が家では熱帯魚を飼っていて、淡水エビの仲間、ミナミヌマエビも飼っています。そうそう、エビちゃん。
4月に20匹買った個体は6月中に全滅したにも関わらず、5月に生まれた稚エビちゃん(推定50匹)はスクスク育っています。たぶん20~30匹くらいは生き残ってる!? ← 無責任カウントOK?

2ミリくらいで生まれてきたエビちゃんは、現在2センチくらいにまで成長しました。基本的にエビちゃん何でも食うのですが、あまり人工飼料を好まないようなので、もっぱら冷凍の茹でたほうれん草を与えています。それは、業務スーパーで買った1kg148円の冷凍ほうれん草。

でもね、我が家は小っこい冷蔵庫しかないので、常に大量の冷凍食品をストックできないのです。つー訳で、ほうれん草の葉の柔らかい部分をタッパに分けて冷凍保存、これをエビちゃんたちにあげて、残りの固い茎の部分を含む殆どを私が食べるのです。お母さんが子供たちの好みで食事を作り、残り物を頂くように。
しかし、これが先程切れてしまい、慌てて近所のセブンイレブンで買ってきたのです。ちなみに150gで100円!(高っ!)なんでそんな高いもん買ったかって?食事は動物の生命活動の基本なのですよ!ご飯だけはちゃんとしてあげたいぢゃないですか?

本音 → だって、業務スーパー遠いんだもん♪

そして、先ほど水槽にブチ込んでみました。…でも、何だか食いつきが悪いのだ!なんか違うのかな?その違いを確かめるべく、取りあえず私も食ってみましたが、味の差がサッパリわかりませんでした。何か産地的なものや、農薬的なものが気に入らないのだろうか?(セブンも業務スーパーも中国産です♪)だがしかし、私は合点がいきません。今あげたほうれん草は普段よりお高いほうれん草ですぞ!
食え!世の中には食べられない子だっているんだぞ!と、水槽のエビにマジ切れしてみる。

冷凍ほうれん草の謎

そして只今、お昼に残りのほうれん草を食ってます。冷凍ほうれん草の何が違うって言うんだろう?…謎だ!

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)