熱帯魚の引越し

昨日の朝、水槽の水漏れを発見しました。剥がれかけていたシリコンをペリペリ剥がしたのが悪いのか、丸洗いした時にぶつけちゃったのが悪いのか、原因は分かりません。ただ、水槽は水漏れを発見したら、即買い替えか、補修をしないと大惨事につながります。最悪の場合、数十リットルの水とお魚たちを部屋にブチ撒けてしまうのです。一般的な水槽の場合、耐用年数は10年くらいです。軽い水漏れくらいなら、シリコン補修をして使う事も出来ますが、「修繕コスト」と「買い替えコスト」を比較すると、圧倒的に買い替え有利なのです。なので、ここは迷わず買い替えを選択しました。今回は7年で買い替えになってしまったので、フツーの人より3年ほど買い替えが早まってしまいました。そお、フツーの人より30%程不注意に扱ってしまった!とも言えますね。

そして、今朝ネットで買った水槽が届き、先ほど引越しが完了しました。昨日注文して翌日配送されるって、凄い便利な世の中だよね♪

これまで使っていた水槽

これまで使っていた水槽はコトブキ水槽セット「デビュー」でした。デビューは単体販売はしていなくて、12,000円の熱帯魚飼育スターターセットの水槽です。スターターセット水槽は、これから熱帯魚を飼い始めたい人にはピッタンコなセットです。水槽・照明・ヒーター・ろ過装置等が全部入ってます。

コトブキ デビュー
↑コトブキ水槽セット「デビュー」は生産終了しました。

デビューあれば、もう一度買ってもいいかな?とか、思いました。けれど、水槽以外は要らないんですよね。また、セットの照明は暗いし、ろ過装置も面倒なタイプだし、仕様がいろいろと古いのです。でも、36cmというサイズで前面ガラスが曲面加工され、高さもある水槽って、デビューだけで希少価値は十分あったと思います。

水槽選び「オールガラス水槽」

それでは、今主流のオサレなオールガラス水槽はどーでしょう?オールガラス水槽は、却下です。この水槽はフチが樹脂で保護されることなく、モロにガラス剥き出しなのです。軽い衝撃でもヒビが入ってしまう曲者です。慎重な取り扱いが出来ない人には、不向きです。オールガラス水槽は、過去に2回使った事がありますが、2回ともカチ割ってますわ♪不注意の塊、私なんかがこの手の水槽をヽ( ゚Д゚)ノ 扱える訳ないぢゃん!

水槽選び「オーソドックスな水槽」

そおそお!水槽はデザイン重視のオールガラス水槽より、オーソドックスな縁アリタイプの水槽が良いですよ。私のよーな大雑把な人は、特にね。


そして今回の水槽は、曲面ガラスでもなんでもない、タダの板ガラスを合わせた、フツーの水槽です。新しい水槽のお値段は1,380円なりよ。(安ぅ!)
見た目はちょっとアレですが、「全てのフチを樹脂でカバーして丈夫!」「オールガラス水槽の1/2~1/3という値段」「構造上フタの気密性が高い」等を考えると、ヽ( ゚Д゚)ノ フツーの水槽が最高!なのですよ。

水槽の引っ越し「画像」

水槽(引っ越し前)
↑引越し前(前面と側面ガラスが一体となった曲面ガラス水槽です。)

水槽(引っ越し後)
↑引越後(前面・側面・背面で構成されたフツーの水槽です。)

今日は熱帯魚のお引越しをしました。

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)

コメント

  1. ジャイアン より:

    私の家も昔は、大きな水槽が三つもありましたよ。
    二つは熱帯魚用で一つは金魚用。
    その隣りに文鳥の鳥かごがあって、猫までいてと、生き物に囲まれた生活でしたね。
    Amazonのリンクをクリックして驚いたのですが、インドネシア製だったりするんですね!
    親父が飼っていた時代は、絶対に日本製。
    重かったヨォ〜!
    それでも、お魚ちゃんの泳ぎを目で追いかけたりするのは楽しかったし、グッピーには繁殖させたりとか、ちょっとした理科の実験室体験でしたねw
    ぢるんぢるんさんちは熱帯魚の管理に光熱費かかるでしょう?
    わたしんち、なんと1月分の電気代が4,400円で済んじゃいました!
    今までの最低記録達成です!
    こんなに寒いのに、何故だ?
    一日の大半を寝て過ごしているのが、主な原因でしょうねぇ。
    最近はよく寝られるんです(-_-)゜zzz…

  2. ぢるんぢるん より:

    今は一部の高級品を除いて、水槽は東南アジアで生産されているそうです。そして、もうメーカーの品質差は殆ど無いらしいです。

    電気代、お安いですね!素晴らしい節約魂♪
    我が家は先日買ったデシカント式除湿機が、トンデモナク電気を使いやがります。1月はなんと12,000円も掛かってしまいました。熱帯魚飼育自体に電気代は掛からないのですが、除湿の電気代が凄いのです。でも、ノー結露の部屋が快適なのと、風邪を引くくらいなら暖房入れちゃう!で、またトンデモナイ請求を頂くでしょう。
    …早く暖かくなって欲しいですね。(^^)/