ダイエット・ゴーゴー

「ダイエット・ゴーゴー」は、1992年発売の「種ともこ」さんの楽曲です。いわゆるラブソングなんかではなく、それ以前に、恋のスタートラインに着くべくダイエットに打ち込む女子の気持ちを切々と歌ってます。

私は肝機能障害のせいで激しい運動を禁じられています。でも、筋トレは楽しいので、医者には「軽い運動はやってます」と、嘘を付いています。
ちなみに、私の筋トレは酸欠状態で動けなくなるまでキッチリやります。そして、翌日・翌々日には身体が重くなってしまい、何かをする元気がなくなってしまいます。筋トレ後は、いつもベッドで死んでいるのですよ。それは、そろそろ、残された体力に見合った運動だけをしろ!って事ですよね!?

運動でカロリー消費が出来ない場合、食う事を諦めるしかありません。
あんまり運動できない → 米が食べられない。
それは、米好きの私にとって、とても辛い生活です。炊き立てごはんに生卵とか、漬物でお茶漬けサラサラとかを思いっきり食えないのですよ!そんなの信じられないっ!つーか、信じたくない食生活!!しかし、もうその炭水化物重視の食生活はもう出来ません。食物繊維と低脂肪たんぱく質を主に採る食生活をするしかないのです。超嫌だけど。
米、米、米っ~!
米が食べたいけれど、丼いっぱいの青菜や納豆や鳥の胸肉を主に食らいます。締めに食う茶碗一杯の米で満足できるよーに。そして、米ばっかり食いたい誘惑に負けないように、食事の際には「ダイエット・ゴーゴー」を聴くのです。太る事は寿命を確実に縮めますし、なんか怠惰で諦めてしまった感じがします。私、そんなの嫌ですわ。

元気で生きる事に楽な事なんて一つもありません。そして、楽じゃない事の先に幸せってあると思うのです。そもそも、飯もロクに食べられなかった貧しかった幼少時代や、食べたくても食べられない人が居るってことを考えると、簡単に「もうデブでいーや!」なんて発想は出来ないのですよ。

私はダイエット・ゴーゴー!なのですよ!!ちなみに、今は仕事が終わって腹がチョー減ってます♪

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)

コメント

  1. 私も禁煙してから、ドンぶり鉢で食べていたご飯を、小さい茶碗に変えました。
    単純に腹が出るからですけど、やはり辛いといいますか、さみしいですね。
    身体がそんなにカロリーを求めていないようです。
    年とともに、代謝が落ちていますね確実に^^;

  2. ぢるんぢるん より:

    おはようございます。
    私の場合、ムキになって筋トレをしちゃうので、本当は低脂肪たんぱくをいっぱい食べるべきなのですが…。ついつい、米を食べてしまうんですよ。ですので、米に4割に押麦を混ぜて炊いています。これだと少しくらい多く食べても大丈夫なんですよ。決して、美味しくはないですけどね。