オーディオテクニカ ATH-EP700

オーディオネタが溜まっています。メンテ中のトラブルから、日々ブログの再アップを余儀なくされ、新しい記事を書いている時間がなかなか取れないのです。と言う訳で、少しの間オーディオブログが続きま~す。

オーディオテクニカ ATH-AD500X 壊れる

2016年6月に購入して、あまり使わないまま、私が所有する唯一のヘッドホン、オーディオテクニカ ATH-AD500Xが壊れていました。
今のマンションには、2018年3月に引っ越して来ました。そして、5月末ごろ久しぶりに使ってみたところ、音が全く出ていない事に気が付きました。恐らく内部断線をしているようでした。期間的には2年くらい使った事になりますが、実使用時間は20~30時間くらいだったのではないかと思います。そう、言うなればエージング期間中に壊れてしまったようなものです。…なんて勿体ないの。

オーディオテクニカ ATH-AD500Xは1万円くらいの時に買いました。今調べるとだいぶ安くなって7,500円くらいです。
瞳を閉じて思い返すと、引っ越しの時、配線がメタルラックに絡んですっ転んだシーンが蘇ります。あの時、ヘッドホンは天に召されたのでしょうね。当時、不眠不休で作業していましたし、転んだ時にとても痛かったので、忘れようにも忘れられません。
…などと、他人事の回想のような言い訳をしておきましょう。

普段、ヘッドホンはほぼ使わないので、「もう買わなくてもいいや」と思っていました。しかし、7月に入ると事情が変わってきたのです。その事情とは、夜間に使いたいシーンが増えてきたからです。

ヘッドホンが必要な環境

入居時からしばらくの間、私の住むマンションはオーディオ向きの静穏性の高い建物だと思っていました。しかし、しばらく暮らしていると、まぁ、そこそこ音が響くことが分かりました。木造や軽鉄骨造のような「音が筒抜け」のようなことはありませんが、夜中にステレオをバンバン鳴らしていいような環境ではなかったのです。また、壁を隔てた唯一のお隣りさんの生活パターンが変わって(転職されたようで、夜勤から日勤に変わったらしい)、夜中に大きな音を立てたら迷惑になってしまう環境になったのです。私は5月から失業中ですから、夜中遅くまで起きて音楽を聴いたりテレビを観たりするシーンが増えてきたのです。
環境が変わった当初、とりあえず手持ちのイヤホンで対応していたのですが、「コードが短かくて不便だわ」、「音は悪いわ」で、ヘッドホンの必要性が生まれてきたのです。

今回はそんなに高音質ではなくて良いので、実用性を重視し耐久性が良さそうなヘッドホンを探しました。ATH-AD500Xの音は気に入っていたのでリピートも考えましたが、同じ製品を買ってもつまらないので下位機種を候補にしました。

購入候補

ATH-AD500XはADシリーズの最下位になるため、下位シリーズのEPシリーズ(楽器用)とAVAシリーズ(AV用)が候補になりました。AVAシリーズを試聴出来る店舗は多いですが、楽器用のEPシリーズは試聴可能な店舗が近くにはありませんでした。ただ、調べてみるとAVAとEPは音質的に大差ないようですし、装着感が良いと噂されるEPシリーズに候補を絞りました。

ATH-AVA500とAVA300を比較試聴すると、やはり上位の500で妥協できる音質でした。そこで今回は、AVA500と同等と思われるATH-EP700を購入することにしました。

ATH-EP700は値段も安いですし、多少失敗しても構わないので、今回は試聴なしのバクチ購入でした。

オーディオテクニカ ATH-EP700のレビュー

今回のオーディオテクニカ ATH-EP700はバクチ購入でしたが、大当たりでした。その場で聴き比べなければ、以前使っていたATH-AD500Xと大差ないように思います(たぶん、そういう思い込みです♪)。記憶の中のATH-AD500Xと比べて、音質が極端に劣るようには感じませんでした(たぶん、そう思いたいだけです♪)。また、着け心地はADシリーズより劣りますが、AVAシリーズより良いように思います。

ATH-EP700はATH-AD500Xと同様、オープンエアー型の割に、しっかりとした低音を軸に開放感のある音場を展開します。再生レンジと解像度は値段なりですが、無理に誇張した帯域もなくバランスが良いのです。また、電子ピアノ用と銘打つだけあって、ピアノを含めたアコースティック楽器の表現は秀逸なのです。

ATH-AD500X購入時、ATH-EP700を試聴出来ていたら、間違いなくATH-EP700を買っていたと思います。購入当時の価格差が2倍くらいありましたから、コスパ的にATH-EP700が優位なのです。また、ATH-EP700は本体重量が140gと軽く、長時間の装着もそれほど苦になりません(ATH-AD500Xは235g)。

そして、オーディオ沼へ

ATH-EP700は満足のゆく買い物になりました。でも、「ああ、良かったね」だけで終わる訳がないのです。オーヲタにとって、新しいオーディオ製品の購入は、オーディオ沼へ突入を意味します。…フフフ、次は使い勝手の良いヘッドホンアンプが欲しいな、などと思い始めるのです。

オーディオテクニカ ATH-EP700

次回の「音楽とオーディオ」記事では、「ヘッドフォンアンプ欲しい欲しい病」に侵されて、オーディオ沼に足を踏み込む経過をレポートします。

スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




フォローする

スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




コメント

  1. ジャイアン より:

    オーディオテクニカ ATH-EP700のパクチー購入(ビミョウニチガウ)おめでとうございます!

    我が家にもオーテクのヘッドホン「も」あったなぁと久々に秘蔵用袋を開けたら、「A.T.EVA01」というエヴァ壱号機をモチーフにした限定モデルが出てきました。私には珍しく、コレは使わずにしまい込んでます(ウフ)。と、久々のオーディオネタにわいて出たジャイアンです、こんばんは!

    我が家は、アンプにしても再生機にしても、物量的にはヘッドホンの方が圧倒的。しかし、以前にも書いたと思いますが、隣室から生活音が全く聞こえてこないほど壁が厚い賃貸住宅。加えて真上が絶賛空室中。深夜でも平気でスピーカー鳴らせます(もちろんボリュームは絞ります)。おかげで、せっかくのヘッドホン・ヘッドホンアンプ達は、埃を被っている状態で、たまぁ〜に気分を変えてヘッドホン鳴らしてみようかぁ、という感じになってます。
    で、この後、ぢるんぢるんさんはどのような沼に入られるのでしょうか?続報が楽しみです!

    以上、コメント第一部。
    以下、コメント第二部。

    今季のアニメ、どぉ〜にも私の琴線に響くものがございません。その中で、敢えて挙げれば「転生したらスライムだった件」かなぁ…それでも、NHKでいきなり「ツルネ」が始まったのには驚き、その制作会社が京アニと知って二度驚きました。NHKと京アニが組むとは思いもよらず、ストーリーよりもそっちの事実の方にビックリです。初回しか見ていませんが、始まり方が「Free!!」に似てるなぁって感じてます。
    放映中アニメは一応チェックしてますが、同時にNETFLIXで「日常(2011)」とか「四月は君の嘘(2014)」を観たりしております。

    以上、コメント第二部。
    以下、ドーデモイイ第三部。

    入院ナシになりました。
    主治医からは「何かあればいつでも電話を」と言われておりまして、何か起こりつつあるので電話したら「前回の退院から3ヶ月経ってないので無理」と「服薬で調整しましょう」というお答え。ホンマまいりました。同時に、あの病棟に入らないで済むという事に、少し安堵した部分もあります。
    気力が湧いてこない。こんな駄文を打つのがやっと。文章に全くキレがありません。いつもなら「スパパパパパァ〜ン」とノリと勢いで打つんですが、今は無理です。食欲よりも無気力の方が勝りそう。食事は、半ば機械的に腹に押し込んでいる状態です。この無気力感と、11月は闘います。12月の声をきく頃になれば、状態も落ち着くでしょう。

    • ぢるんぢるん より:

      深夜にアニメを観る際、聞き取れないセリフに音量を合わせると、結構な大きさになります。お隣が静かだったのは「夜勤でお留守」なだけでしたから、近所迷惑にならないようヘッドホンを買い直しました。しかし、我が家のヘッドホン環境には使い勝手に問題がありまして…。続きは、記事に書きますね。

      今期アニメは、私的にもイマイチかな?と思っています。でも、「転スラ」はありきたりの「異世界転生&チート能力」モノですが、それなりに良くできたアニメかと思います。「ツルネ」は未チェックなので、後で観てみまーす。
      アニメの為にHDR対応モニタを買いましたが、最近はアニメを観る時間があまり取れませ~ん。

      入院は出来なかったのですね。それでは、辛い身体へ日常生活が重荷になってしまいますね。でも、ご飯だけは食べましょう!お水もちゃんと飲みましょう!そして、疲れているときは何もしないでゆっくり休みましょう!
      お大事になさってくださ~い。