オーディオ無間地獄2

オーディオ無間地獄1からの続きです。

そして先日、「買い替え」を選択した場合の為に、ヨドバシに寄ってきました。店員さんにしたら、すぐに買いもしないのにイロイロ訊いてくる私は、鬱陶しいかな?とかも思います。でも、それは仕事だと思って諦めてください。トチ狂ったオッサンが衝動買いするかも?よ。
てな訳で、現システムの低音をもう少しスッキリさせる方向で、スピーカーをB&W 685に固定して、いろいろ試聴させてもらいました。

アンプ更新の場合

CDプレイヤーを自宅システムに近いデノンDCD-1650REに固定し、アンプを試聴しました。結果を先に言うと、定価8万以下のアンプは全部大した事ありませんでした。(中古サンスイ圧勝でした。)←飽くまで主観です。
実売10万円以下の製品に本格的な音の質感を求めても無理があるので、好みの音調で選べばいい気がしました。

ONKYO A-5VL


寒色系のヒヤっとした音調とクッキリ、ハッキリした表現が、比較的緩い音のB&W 685を引き締めてナイスバランス!デジタルアンプなのでデジタル入力があり、CDプレイヤーを安物にしてもイケるかも?と思ったら、店員さん曰く「大したことないですよ。」だそーです。

  ONKYO A-7VL


A-5VLより全てにおいて高品位。特に低音域の押し出しと解像度が一気に上がっています。でも、ポップス聴くと大差ない感じ。これとB&W 685でポップス聴くのは、なんか勿体ない気もする。A-5VLからトーンコントロールを取っ払った大胆な仕様。

Marantz PM6005


発売されたばかりです。安いけどワイドレンジ!でも力感が伴わないのでイマイチな気がする。スッキリ鳴り過ぎぢゃね?マランツでもこの末尾5番シリーズからは、デジタル入力に対応してました。私、これまでのマランツ製品は、どんな機器でも高音域がちょっと癖っぽい気がして苦手でしたが、これっ位ならいいアクセントなのかも?と思い始めました。

 Marantz PM8004


流石にB&W 685が推奨するアンプ。デジタル入力もヘッタクレもないピュアなアナログアンプ。PM6005に力感をプラスした感じとも、A-5VLに色鮮やかさが乗った感じとも言える。艶々サンスイとは違った瑞々しさが素敵です。


B&W 685は個性が強く、低音が出過ぎる傾向があるので、フラット系のアンプか高音強調系のアンプが相性◎です。上記4機種のアンプでは、バランスがよく鳴ってくれて、音質はあまり左右されない感じでした。明解でキレの良いオンキョーか、柔らかで瑞々しいマランツか、
微妙な選択を迫られる感じでした。試しにデノン同士でも鳴らしてみましたが、我が家のシステム以上の低音飽和状態!でした。(迫力は凄いけど、鬱陶しいわ!)
ちなみに、リファレンスで聴いたオンキョーのセパレートアンプは別次元のサウンドで超良かったよ!両方で価格50万超えでしたけど♪

CDプレイヤー更新の場合

アンプはサンスイに似た機器がないのでオンキョーA-5VLに固定し試聴しました。
オンキョー製品同士の組み合わせだと、高音強調のキンキンシャカシャカなハイ上がり。(B&W 685にはナイスバランスでした。訂正します。)
デノン製品は低音強調のドスンドスン。以上の2社はパス!ヤマハは何となく敬遠しちゃった。次回聴いてみよう。

Marantz CD6005


アンプ同様こちらも新製品でSACDには非対応。これだけ聴いたなら、これで満足できるかも?でも、今使っているデノンDCD-1650ALと比べると音が安っぽい感じです。パッと聴いたらいい音なんだけど、表現がなんかこー平面的。このクラスのCDプレイヤーは欲しくねーわ。

Marantz SA8004


これは少しだけ線の細い音だけど、結構イイかも!?中音と高音が立体的に鳴り始めました。エネルギーバランスもB&W685向きの高域寄り。キラキラと煌びやかな音がします。さらに、USB接続でPCオーディオも出来ちゃう優れもの!

Pioneer PD-70


聴き疲れしない感じでホッとするイメージ。こってり味のデノンと、すっきり味のマランツの中間的な味付け。でも弱点がない分、面白味の少ない音とも言える。
昔、所有していたDATデッキと同じ音の傾向で微妙な感じ。


今度(いつかわかんないけど)は、ヨドバシさんで買おうと思いました。嫌な顔一つせず、商品のゴリ押しもしてこないし、私のとりとめない質問にも笑顔で答えてくれましたからね。そして、試聴の楽しさ(味)を覚えちゃいました。オーディオは買う前に迷うのが、楽しみの一つなのですよ。それは、無間地獄の入り口ですけどね♪

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)

コメント

  1. nanashi より:

    SA8004やPD-70もそうですけど、今のプレーヤーはSACD対応が主流となっていますね。
    只、SACDって代物は5.1マルチチャンネルじゃ無いと、良さが活きてこないって代物(オーディオ各社がAVアンプばかり力を入れる理由の一つがこれ!)でしてね・・・・、SACDには2チャンネル用のトラックも書き込まれていますけど、これだと正直録音状態の良いCDを高音質プレーヤーで掛けたのとさして変わらない(私の確認済み)案配で。
    レコード会社もそれが分かっているのか、SACD2チャンネルトラックは敢えてハイ上がりにして収録してCDとの差別化を図ろうとしています(ハイ上がりだと高解像度と錯覚しがち面もありますしな)けど、私にとっては単に耳がキンキンするだけに過ぎない(笑)。
    なのでSACDをピュアオーディオで聴く際も5.1マルチチャンネルをプレーヤー側でミックスダウンしたのを聞いています。

  2. ぢるんぢるん より:

    SACD事情がよくわかりました。ありがとうございます!2チャンネル音源で高音がキンキンするとかいう噂の真相。そういう訳だったんですね!私はCDしか聴かないので、SACDに対応したメカの読み込みが遅いのが迷惑でした。
    今回の試聴ではスピーカーを低音の強いB&W 685に固定したので、高音は気になりませんでした。しかし、アレ!普通のCD音源でも他のフラット系のスピーカーだとキンキンシャカシャカする気がしました。