FX-AUDIO D302J+ オペアンプ交換

今回はタイトルの通り、先日購入したFX-AUDIO D302J+のオペアンプ交換についてです。
前回の記事「FX-AUDIO D302J+」へ 

FX-AUDIO D302J+は、ヘッドフォンアンプとしても評判が良いアンプです。そして、内蔵されるオペアンプの交換が容易に出来ます。ケースを開いてオペアンプを交換すると「音質差が楽しめる」遊べるアンプなのです。しかも、私のような「器用そう見える筋金入りの不器用な人」でも大丈夫そうなソケットタイプです。これは、オペアンプを交換しちゃうでしょう?したくなっちゃうでしょう?

不器用エピソード

ちなみに、私の不器用さ加減は次の通りです。

  1. パソコンのメモリを増設する時に、反対方向に刺してメモリを折ってしまう。
  2. パソコン内の掃除をテキトーにやって、グラボから発火してしまう(2回)。
  3. 仕事で半田付け不良を修正していた頃「クラッシャージョー」と呼ばれてしまう。

以上のように不名誉なエピソードを持つ私には、「簡単らしい」とい言われるソケット式のオペアンプ交換でも、汗が出るほど緊張してしまうのです。…だって、いきなり壊れたらいやじゃん。

オペアンプ候補

FX-AUDIO D302J+購入をして1週間後、どうしても気になっていたオペアンプ交換を決意しました。初めての経験ですし、FX-AUDIO D302J+の価格を考えると、候補はMUSES8820あたりが良いと思いました。

しかし、すぐに違う選択を考えました。そう、MUSES8820で満足すると、もう少し上のクラスのオペアンプを試したくなるでしょう。また、MUSES8820で満足しなければ、必ず上位のオペアンプを試したくなるでしょう。結局、どっちに転がってもMUSES8820で確定!という選択は考えられません。だったら、最初から実装可能な範囲(現実的な価格)で最上位のオペアンプを選ぶのが正解です。

2回路入り バイポーラ入力 高音質オペアンプ MUSES02

2回路入り バイポーラ入力 高音質オペアンプ MUSES02

3,480円(11/17 01:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

7,980円のプリメインアンプFX-AUDIO D302J+に約3,500円のオペアンプMUSES02を取り付けることにしました。既に価格的にはアンバランスな気がしますが、ネット上の皆さんの満足度を信じて購入しました。

オペアンプ交換作業

FX-AUDIO D302J+のオペアンプ交換に関する情報は、既にネットに沢山ありますが、忘備録の意味で残しておきます。

オペアンプ交換01
1.前面ボリュームを引っ張って外します。素手で外れます。

オペアンプ交換02
2.10mmのソケットレンチを使って、薄い六角ナットを外します。

オペアンプ交換03
3.簡単に外れます。

オペアンプ交換04
4.背面の四隅4箇所のネジを2mm六角レンチで外します。結構、固く締まっています。

オペアンプ交換05
5.本体をゆっくりスライドし交換するオペアンプを探します。画像では右手にフラットケーブルがあるので引っ張り過ぎないで!

オペアンプ交換06
6.最初から刺さっているオペアンプを引き抜きます。ビックリするくらい簡単に抜けました。よく分からないので専用引き抜き治具を用意したけれど、なくても大丈夫です。

オペアンプ交換07
7.オペアンプを交換しました。MUSES02購入時に付属したソケットと重ね履きした状態です。画像では下方向にあるソケットの切込みに差し込む方向を合わせます。指向性があるので、間違った方向に刺すとオペアンプが死ぬそうです。

オペアンプ交換08
8.ネジとナットを元通りにし、オペアンプ交換が完了しました。

もっと苦戦すると思いましたが、特にキケンな瞬間もなく無事交換出来ました。それでは、いよいよ交換後の試聴をしてみましょう。

試聴

ヘッドホンアンプとしてのFX-AUDIO D302J+は、オペアンプ交換前のNE5532Pでも結構いい感じで鳴っていました。PC直刺しの状態に比べると、音質的に優れていることが直ぐに分かりました。ただ、Luxman L505UX(上流DACは同一)のヘッドホン端子の音と比べると、正直、差が分かりませんでした。明らかにL505UXより優れていたのは、消費電力くらいでした。

そして、今回のヘッドフォンアンプをNE5532PからMUSES02に交換した結果、思わず声が出るくらいの音質アップを体験しました。もうL505UXのヘッドホン端子は、2度と使わないと思います。

音質向上の幅は、上流のDACを替えた時に大きく感じました。本体内蔵DACではなく、PS AudioのNuWave DSDに替えた時、鼻血が出そうなくらいビックリしました。音の上流を整えてあげると、ここまで変わるんだ!と実感しました。また、ヘッドホンで長時間のリスニングは「耳が疲れて苦手」だったのに、MUSES02では何故か大丈夫でした。

ちなみに、私が使っているヘッドホンは、お安いオーディオテクニカ ATH-EP700ですからね、5千円クラスのヘッドホンでこれですからね。まさに「豚に真珠」「猫に小判」の世界な訳ですよ。

今回のヘッドフォンアンプの更新は大成功でした。でも、そのヘッドフォンアンプの性能を引き出せる新しいヘッドフォンが欲しくなってしまいました。7,980円のプリメインアンプが私を再びオーディオ沼に引き込むなんて、思いもしませんでした。私、FX-AUDIO D302J+を舐めてました。ごめんなさい。謝るのでオーディオ沼に引き込まないで!

スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




フォローする

スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)