人生初のSACD

今日は久しぶりにCDソフトを購入しました。ちなみに、ほぼ送料のみの中古1円CD以外を買ったのは、今年初めてなのですよ。そして、その今年初めての新品CDは、SACD(スーパーオーディオCD)を買ってみました。アマゾンでポチッとな購入なので、後日届きます。

今回はノラ・ジョーンズの「Come Away With Me(2003)輸入盤」を買いました。SACDはCD同様、ソニーとフィリップスが共同開発した光ディスク規格のひとつです。CDを凌ぐ高音質を謳っていますが、あんまり普及はしていません。(やっぱりソフトが高いから!?)私のよーなオーディオ初心者ではない、オーディオマニアの方から言わせると、意見はバラバラです。

・「CDより断然良い!」と仰る方と、
・「SACDなんか要らない!」と仰る方と、
・「良くわかんないし、微妙…」と仰る方がいらっしゃいます。

なので、ここは自分の耳で確かめたくなったのです。私は去年、CDプレイヤーを買い換えたので、実は去年からSACDを再生できる環境にあったのです♪

ちなみに、我が家のCDプレーヤー「ONKYO C-S5VL」は、消費税増税以降に一旦高騰しましたが、最近また最安価格を更新しています。ヽ(゚Д゚)ノ もう3万円切っちゃったよ!
ONKYO C-S5VLはヒヤリングを重ね、お財布と相談して買いました。購入時、ヨドバシの店員さんには大変お世話になりました。とても親切な店員さんで、私がしつこく試聴に通っても嫌な顔もせず、いつも笑顔で対応してもらいました。最安なら「試聴だけヨドバシ」「購入はネット」でしたが、(ハズレは引かないけれど、極悪非道とも言える最安購入ルート)あれだけ親切に試聴をさせてもらったので、最安+5Kでも気持ち良い買い物になりました。買い物は気持ち良さも大事だよね!?(とか言いながら、他のオーディオ機器はネット購入♪)

\(^∀\)その話は(/∀^)/置いといて

人生初SACD、チョー楽しみです。輸入盤なので1~2週間待ちまーす。(^_^)/

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)

コメント

  1. ジャイアン より:

    初SACDご購入、おめでとうございます!<(_ _)>
    通常CD盤のCome Away With Meは持ってます。
    他にも4枚ほどノラ・ジョーンズのCDを持ってます。
    あのスモーキーな声…
    最高ッス!
    SACDに収録されている音声データのファイル形式は1bit 2.8224MHzのDSD。
    通常の音楽CDは16bit 44.1kHzのPCM。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/Direct_Stream_Digital
    音楽CDが世に登場した当初は、リアルタイムでデジタル録音(PCM録音)できるだけの高速処理のできるシステムはありませんでした。
    そのために編み出されたのがΔΣ変調(デルタシグマへんちょう)と言われる技術で、これが乱暴に言えばDSDなんですね。
    (通常DSDのサンプリング周波数がCD音源44.1kHzの64倍というところがミソです)
    DSD技術が確立されて、PCM音源たる音楽CDは実現できたというわけなのです(現在はダイレクトにPCM録音されるのが一般的)
    そういうわけで、SACDに使用されているDSDは、実は古い技術。
    しかも考案者は日本人!
    ぢるんぢるんさんが購入になったSACDも、元はPCM録音されたものです。
    そして、高いサンプリング周波数(この曲の場合192kHz)と深いビット深度(同24bit)の音源なんです。
    (24bit 96kHzぐらいで音源を作って、そこからCD用にダウンサンプリング、というのが現在の一般的なCD製作のプロセスのようです)
    でも、それをそのまま円盤に入れて流通させることはできない。(コピーしまくりになっちゃうしぃ)
    でぇ、DSDに返還してDRMも付加し、より録音音源忠実な再生音を提供しようとしてリリースされるのがSA-CDなのです。
    最近では音源をハイレゾのままダウンロード販売されるのが多くなってきていますが、高いんですよねぇ〜!
    Come Away With Meの場合、3600円っすもん!
    http://www.e-onkyo.com/music/album/uml30151/
    以上、あまり再生音とは関係のないお話でした。
    いかに良質な音源であっても、再生環境で(極端な話ケーブル一本で)音の評価が変わっちゃうのがオーディオの世界!
    不特定多数の人たちが、それぞれの環境で聴いた感想なんて、結局のところ参考程度にしかならんと私は思ってます(ーー;)
    ちなみに、私の現在の環境の音は、とても気に入っています!
    電源など、大いに問題もあるのですが、それ以上に部屋が広くなったことや部屋の材質のおかげもあるのでしょう、以前よりとても気持ちよく楽しめるようになりました。
    その分、ご近所さんは「あの部屋、また昼間っから鳴らしてんなぁ〜」なんて思ってるでしょうね。
    たまに(例の)友人が来て、昼間っから大音量でAKBなんてかけるものですから(YouTubeなんですけどね)「あの部屋の住人、何者?」と不審がられていることと思いますw
    と、また話が逸れてしまっている!(ーー;)
    私は今のところPCオーディオ一辺倒なのですが、いつかはSACDの再生環境も整えたいなぁ〜、なんて夢だけはあります!!
    ノラ・ジョーンズのSA-CDボックスってのが、けっこう安く出てたんですが、まだあるのかなぁ〜(ーー;)

  2. ぢるんぢるん より:

    ノラ・ジョーンズのCome Away With Meって、オーディオ屋さんで「女性ボーカルお願いします」と言うと必ずかけてくれますよね!?居酒屋で「取りあえずビール!」みたいな?私も過去に通常版を所有していたのですが、度重なる引っ越しで行方不明になりました。やはり、ジャイアンさんもお持ちですね!(オーヲタの鉄板アルバムだし♪)
    実は購入前にONKYOのサイトも覗いていて、お値段みてビックリしちゃった!アレは私には買えない…。そー思うと、ジャイアンさん家(ち)のオーディオ総投資額って…、((((;´・ω・`)))チョー怖くないっすか!?
    でも、凄くいい音で聴けているんだろうな。いいな、いいな。

  3. ジャイアン より:

    私のオーディオ総投資額は、私の先輩に比べれば大したことはないです。(なにせ桁が違うし。オーディオのためだけに三相200V電源を一系統契約してるし)
    去年までは「プリウス一台分」と言っていましたが…
    ヘッドホン、イヤホンの類で安い軽自動車のアルトは買えます。
    普段持ち歩いているポータブルシステムも、入り口から出口までの総額を購入時金額で計算すると、シャレにならないです(ーー;)
    (財布の中は空っぽなのに…)
    その内、ヘッドホンは自分で改造しちゃってるものだから、中古でも結構な金額するモデルなのに、一文の価値もナシ!
    バカでしょ?orz
    逆にスピーカーはもらい物や先輩から略奪してきたブツを改造したものと、片手で納まる出費しかしていません。
    普通の家庭なら、オーディオだけで離婚決定ですわ!w
    (他にも恐ろしい程笑っちゃう散財伝説あります!最大の散財は、義母のために建てた家を、用が済んだら売り飛ばしたことでしょうかw オーディオ散財と桁が違いますですぅ〜(T^T))
    主にポータブル製品ですが、友人に里子に出したり、甥っ子に無期限貸与したり、廉価で人に譲ったりで、かなり整理しましたよ( ̄∇ ̄)
    詳しくは、私のブログを頭から見ると分かりますが、バカさ加減に笑っちゃいますよw

  4. ぢるんぢるん より:

    私も試算してみました。ほぼエントリークラスしか購入歴のない私でも軽自動車は買えちゃうよね!?でした。
    他人の趣味は無駄なものと判断されがちです。でも、その無駄っぽいものが無ければ、人生はきっととんでもなくツマラネーと思うのです。究極に無駄を省けば、毎日同じ服を着て、毎日同じメニューの食事を摂る生活をすべきです。でも、そんな生活は誰もがツマラネーと思うのです。
    オーヲタ万歳!\(^〇^)/