FOCAL Aria 906

私の趣味の一つに、ピュアオーディオがあります。まあ、私は貧乏人なので、あまり高額な機器を購入することは出来ません。しかし、小さなテレビで映画を観るよりも、大きなテレビで映画を観る方が、より楽しく視聴できるように、音楽再生機器に拘りを持つと、より楽しく音楽を聴く事が出来るのです。という訳で、今回と次回の記事では、我が家のオーディオ機器を紹介します。今回は、ブックシェルフ型のスピーカー Focal Aria 906 を紹介します。

FOCAL Aria 906
↑Focal aria 906とPioneer A-50DA

Aria 906は、フランスのオーディオメーカー、Focal(フォーカル)のスピーカーです。世界的に「初~中級のスピーカー生産工場は中国にある」という生産体制が主流です。しかし、Focalは違います。エントリー機からハイエンド機まで、全てのスピーカーを自国工場で生産しています。世情に左右されず、自国生産を貫いたメーカーは少数です。変動する為替、工場の移転、歩留、価格改定なんかを考えると、自国生産を貫いたメーカーは今、ある意味、ウハハハ、ハー!な勝ち組ではないかと思うのです。

ちなみに、これまで使っていたスピーカーは、世界的にも日本国内でも有名なB&Wの685です。685からのグレードアップなら普通に考えると、同社CM5S2を買うのが順当です。私も当初はCM5S2を買う気マンマンでした。しかし、試聴を重ねてゆくと、CM5S2よりもっと自分の好みに近いスピーカーを見つけてしまったのです。それがAria 906です。

Focalのスピーカーは、大型量販店ではトールボーイ型のスピーカーしか試聴が出来ませんでした。それでも、トールボーイだけを聴き比べても、Focalの音質は他メーカーとはどこか違います。特にAriaシリーズの軽過ぎず重過ぎない上品で柔らかな音に魅了されてしまいました。それから、ネットで試聴出来る店を探し、幾度か試聴を繰り返し、購入に至りました。最終候補には、Aria 906と好みに合わないのにB&W CM5S2(高音質だったので、なかなか見切れなかった)が残りました。正直、Focal Aria 906は音質的にB&WCM5S2よりやや劣ると思います。しかし、どちらが音楽的に楽しいのか?人間的なのか?と訊かれたら、間違いなくFocalです。そこは、圧倒的にFocalだったのです。

FOCAL Aria 906(天板)
↑スピーカー天板はガラスです。

● Focal Aria 906 の音質

Aria 906は暖色系の音色で広がり感が強い音場型のスピーカーです。包み込まれるような広大な音場が大変魅力的です。 また、音場型スピーカーでありながら分解能も十分高く、 かすかな音から大きな音まで純度の高い音が混濁せずに出て来ます。 この辺がペア10万円以下のスピーカーとは大きく違います。 BGM的に一日中流しっぱなしでも、音楽と対決して聴くモニター的な使い方でも、 どちらの用途にも対応出来るスピーカーです。また、リスニングポイントのスイートスポットも広く、 小音量から大音量再生まで、最適な音量の幅も広くなります。 朝から深夜まで好きな音を聴いて過ごせる時間が増えました。

Aria 906は比較的万能タイプなスピーカーで、どのジャンルの音楽も、だいたいそつなく鳴らします。

得意なジャンルは、
・クラシック全般(大編成でも大丈夫)ヽ(゚Д゚)ノ ビックリ!
・ジャズ
・アコースティック系
です。
不得意なジャンルは、上品な音調なので、
・ゴリゴリ掻き鳴らしたギター
・電子音がピコピコしたJ-POP
です。
(この辺は、飽くまで個人の感想ですからね♪)

より詳しいレビューは、諦念ぢるんぢるん オーディオ購入履歴 スピーカーFOCAL Aria906のページで、どーぞ。

● まとめ

ペア10万円以上のスピーカーは、それ以下のクラスとは明らかに違います。テレビの画質に例えると、2Kが4Kの画質になったくらいに違います。これ以上のスピーカーを使うなら、もっと大きな部屋で大きな音を出せる環境を用意しないといけません。また、スピーカーに見合う上流機器(DACやアンプ等)を用意しないとアンバランスな組み合わせになってしまいます。一般の方が肩肘張らずに楽しむなら、スピーカーはAria 906クラス辺りで「あがり(ゴール)」にしても良いのではないか?と私は思います。

ちなみに、このクラスのヘッドホンを買うと、100万円クラスのスピーカーに匹敵する音質が手に入ると言われます。ヘッドホン装着が苦にならない方は、ヘッドホンで究極の音質を手に入れるのもアリではないかと思います。私の場合、右耳で高音が聞こえない軽度の難聴なので、耳に負担の掛かる長時間のヘッドホン使用は出来ません。なので、小音量でもしっかり鳴るシステムで音楽を楽しんでいます。(片耳だけでもステレオ感は掴めるんですよ。)
皆さんもピュアオーディオ導入を是非、検討してみてください。泥沼が楽しいですよ。

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)

コメント

  1. ジャイアン より:

    私も今日、ひっさびさにオーディオネタでブログをアップしましたw
    私の方はプレイヤー関連ですけど「ヒェ~、こんな音でんねやぁ~!」と驚いちゃってます。まだ鳴らし始めで、音はまだ落ち着いてないはずなんですが。
    我が家のスピーカーはいただき物…
    いつかはもっといいスピーカーを使いたいです。やはりヘッドホンで聴き続けると、聴き疲れしやすいんですよね。環境が許すなら、やはりスピーカーのものだなぁ~と思います。
    今回、オーディオのために久々に大枚をはたきましたが、どうも元を取れそうな音がしてます。楽しみです。

  2. ジャイアンさんのプログでハードウェアの記事更新は久しぶりですね。ジャイアンさんの体調面や多忙なプライベートを考えると、「いつ趣味の時間を作られているのだろう?」と思ってしまいますが…しっかり、きっちりオーヲタ魂はご健在ですね♪
    そして、また、ブログを拝見していると、私のオーヲタ熱も再燃して参ります。私は暫くハードウェアの更新は出来ませんが、ネットで情報を収集したりしていると、…恐ろしいくらいに時間が経っていたりします。(>_<)