FOSTEX P803-S

2度目のブログ書き直しをしております。どうやってもバグってしまう、WordPressへのsqlファイルインポートを諦めて、コツコツと書き直しているのです。このような復旧作業はあまり楽しくありません。…いいえ!楽しいわけありません。
(」゚□゚)」楽しいわけありませんわ~!
という訳で、通常ブログも更新してやるのです。

FOSTEX P803-S購入の経緯

P803-Sはテレビ用途で購入しました。これまでのテレビ視聴にはFOSTEXのKANSPI-8セットを使っていました。しかし、右耳の難聴が進行してテレビ音声の聞き取りが難しくなってきたのです。かなり大きな音を出さないとセリフ等が聞き取りにくいのです。ああでも、深夜時にあまり大きな音を出したくありません。KANSPIはユニット交換をすると音質改善が出来ますが、1本5000円弱のコストが掛かります。2本で1万円なら、いっそ買い替えようと思い次の候補を考えました。

  1. FOSTEX P802-S
  2. FOSTEX P803-S
  3. FOSTEX P804-S
  4. Pioneer S-CN301-LR

音質的な好みは4>3≧2>>1の順でしたが、テレビ用途に限定するとP803-Sが最適でした。pioneer S-CN301-LRは、音楽用途であれば最も好みの音質でしたが、今回は飽くまでテレビ用のスピーカーを探しています。また、壁との距離を詰められる底面バスレフのセッティングメリットが大きく影響しました。

FOSTEX かんすぴ スピーカーシステム ハイレゾ対応 P802-S

FOSTEX かんすぴ スピーカーシステム ハイレゾ対応 P802-S

8,697円(12/12 10:22時点)
Amazonの情報を掲載しています
FOSTEX かんすぴ スピーカーシステム ハイレゾ対応 P803-S

FOSTEX かんすぴ スピーカーシステム ハイレゾ対応 P803-S

16,351円(12/12 10:22時点)
Amazonの情報を掲載しています
FOSTEX フォステックス スピーカー P804-S

FOSTEX フォステックス スピーカー P804-S

27,940円(12/12 10:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

FOSTEX P803-Sのレビュー

FOSTEX P803-Sのデザインは値段なりの質感ですが、下位のかんすぴシリーズと比べると格段に良くなっています。ただ、入力端子は相変わらずプッシュ式です。太いケーブルやバナナプラグ等には対応しません。ここがちょっと残念ですね。

音質は価格を考えたたら十分合格点です。特に下位のP802-Sから比べると格の違いを実感します。P802-Sは元気いっばいの中高音が印象的ですが、P803-Sは低域の重量感が出てきて、大人しく落ち着いた雰囲気に変わります。P804-Sは、P802の元気なイメージのまま高音質になります。テレビ用途で考えると声が前に出てきて良いのですが、それ以上に低音が膨らみ過ぎるように思いました。セッティングがデスクトップのポン置きと考えると、低音の量から最もバランスが良いのは、たぶんP803-Sだと思います。

p803-sとap05
↑アンプFOSTEX AP05とFOSTEX P803-S

ちなみに、我が家のメインシステム、LUXMANアンプとの組み合わせも試してみました。しかし、相性は悪くトーンコントロールで調整しないと低音がボワボワで聞くに堪えません。総合的な相性は純正の組み合わせAP05の方が良いようです。あと、当たり前ですがメインスピーカー(Focal aria 906)とは、ちょうど10倍の価格差があります。その価格差はどうしようもありません。ただ、切替えて聴き比べなければ、P803-Sがペア1万ちょっとの価格だなんて分かんないかも知れない。

p803-sとaria906
↑メインシステムとサブシステム

気が付いたこと

FOSTEX P803-Sを買って、オーディオは組み合わせが大切なんだと実感しました。また、エンクロージャーの違いで、ここまで音が変わるとも思っていませんでした。

FOSTEX フォステクス パーソナル・アンプ AP05

FOSTEX フォステクス パーソナル・アンプ AP05

4,676円(12/12 10:22時点)
Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




フォローする

スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




コメント

  1. ジャイアン より:

    ブログの書き直し、ご苦労さまです!

    一旦は「タイトルが増えたなぁ〜。順調に作業を進めてるんだなぁ〜」と思ったら、いきなり全エントリーが消えてビックリしたりとか、悪戦苦闘されているさまを拝見しておりました。
    と、人の苦労を脇目にほくそ笑みながら、いただき物のSPで、オーディオもテレビ(といっても配信オンリーですが)も鳴らしているジャイアンです!こんばんは!

    ウチのSPは、ご存じかと思いますがNS-200Mという年代物。たぶん当時としてはセンモニの普及版のそのまた派生版(NS-100Mの方が小型ですがスペックとしてはセンモニの直系みたい。事実そっちの方が音がイイ)程度だったのではと思ってます。他のSPを試したことがないので、コイツの音のグレードがどれほどのものか、皆目見当がついていません。なので「あり合わせ据置システム」と呼称しています。3ヶ月前までは電気をドカスカ喰うTOAのP-150Dで鳴らしていましたが、今はマルツでキット購入して自分で組み上げた、とてもシンプルな構成(内部は大きめのトライダルトランスと電源基板&2枚のアンプ基板。配線は銀の単線使って遊びました)のD級アンプを使っています。私の環境ではこれで十分!余計な電気を喰いませんしね。2台のP-150Dには、オーディオラックの下段で重石になってもらってます。

    ぢるんぢるんさんとこのオーディオシステムは、アンプといいスピーカーといい、私には垂涎ものなのですよ。その上、テレビ用にカンスピ導入とか、冗談でなく裏山です!私もいつかは、自分で納得のいくアンプとスピーカーの導入を果たしたいです。

    • ぢるんぢるん より:

      WordPressへのインポートは、本文と画像のリンクは出来たのですが、コメントが上手く反映されなくて断念しました。sqlファイルをcsvファイルに変換して、VBAかC言語で一括処理をしようと考えていたのですが、アンポンタンな私にはハードルが高過ぎました。…という訳で、地味に1記事ずつ再編集することになりました。ジャイアンさんや他の皆さんから頂いたコメントは改行数(改行コードがグチャグチャなのです)が正確に反映されていません。許しておくなさいまし。

      前のかんすぴは引っ越しの時に思いっきり凹ませてしまい、悲惨な見た目になっていたのも「買い換えたい衝動」を後押ししたように思います。ただ正直、P803-Sを買って少し後悔しています。それは、中途半端に高音質だからです。安くて安っぽい音しか出さないのなら割り切れるのに、セッティングを詰めたり相性の良いアンプを合わせたりしたら「もっと高音質になるんぢゃね?」というポテンシャルを持っているからです。デスクトップというニアフィールド環境で使うとなると、メインのaria 906に勝てる部分もあるので中途半端にもどかしいのです。今度はアンプAP05を中華デジアンでグレードアップ!などと企んでいます。…オーディオって恐ろしいですね。

      • ジャイアン より:

        改行コードは…スイマセン、Macな私が打ち込むコメントの改行コードはCRですものねぇ。WindowsはLFとCRで、UnixはLF。CRがキャリッジリターンで、LFはラインフィード。昔のタイプライターの機能ですが、OSによって採用している仕様が違って、今に至るまでその問題で悩まされるなんて、意外にもアナクロな問題がまだ残っているんですね。
        と小難しいことを書きましたが、改行がグッチャグチャになろうとも、カンケーねーです!

        そうそうそう、以前、私も薦めてカンスピ導入しましたよね!「アレはどうなったんだろう?」と何となく思っていましたが、ソーユー顛末があったのですか!にしても、だからまたカンスピ導入しちゃえ!今度はチョットいいヤツを!と思わせてしまうところが、カンスピのコスパの魔力ですね!

        • ぢるんぢるん より:

          復旧作業は改行コードと特殊記号にやられています。前に使っていたFC2ブログはMovable TypeベースなのでWordPressと完全に互換してくれないのです。そもそも、知識が浅いのに何度も引っ越しをする私が悪いのですけれど…。

          はい、かんすびは凄い魅力的です。ちょっとずつ投資が出来るという価格設定。私みたいな不器用者でも「簡単だよ、やってみなよ」と囁き、チャレンジしたくなる難易度設定が恐ろしい悪魔のようなシリーズです。