FX-AUDIO- DAC-X6J

DAC-X6J(正面から) 音楽とオーディオ

オーディオ製品の購入履歴です。




FX-AUDIO- DAC-X6J購入の経緯

今回はNFJのUSB DAC、FX-AUDIO- DAC-X6Jを導入しました。用途はヘッドホンアンプとしての使用とDACの光デジタル入力端子不足の解消です。

これまではアンプとスピーカーを2系統所有していましたが、40インチ4Kテレビを購入してからスペース的に2セットの設置が難しくなったので、1本化する事にしたのです。

ちなみに、プリメインアンプとNFJ FX-AUDIO- D302J+とスピーカーFOSTEX P803-Sは、当初、姉が譲り受ける筈でしたが「やっぱり要らない」とドタキャンされたので、 D302J+からオペアンプだけを抜き去り、とっとと処分してしまいました。

FX-AUDIO- DAC-X6Jのスペック

NFJ FX-AUDIO- DAC-X6Jは、ヘッドホンアンプを搭載したUSB DACです。同社の他機器同様、オペアンプがソケット式なので手軽に音質の変化が楽しめ遊べるアンプです。DAC-X6Jではバッファーオペアンプがソケット式でOPA2134PAがブッ刺さっています。

入力はUSBと光・同軸デジタル端子が各1系統、出力はRCA端子と標準ヘッドホン端子が各1系統となっています。スイッチはボタンではなくレバー式で、ヘッドホン出力のみボリューム調整が可能です。

DAC-X6J(斜めから)

製品名 発売年 購入年 定価 状態 記事執筆日
FX-AUDIO- DAC-X6J 2016 2020 ※9,990 使用中 2020.11.14

※購入時Amazonでの価格

FX-AUDIO- DAC-X6Jの音質(デフォルト)

オペアンプがデフォルトのOPA2134PAの場合、RCA出力は価格よりやや高音質かと思いました。エントリークラスのデジタルオーディオ機器、我が家の場合だとYAMAHA NP-S303、ONKYO C-S5VL(共に実売3万程度)と遜色ない音質です。僅かに差異がある気がしますが、目を閉じで切り替えたら「どれがどれ」なのか言い当てられない自信があります。

一方、ヘッドホン出力は一聴して差が分かります。酷いドンシャリで全く好みではありません。FX-AUDIO- D302J+のヘッドホン出力とは雲泥の差で、C-S5VLのおまけに近いヘッドホン出力にも劣ってしまい、ただ下品な音に聴こえます。

本来なら素の状態で2~30時間のエージング後、オペアンプの交換をしようと考えていましたが、早速六角レンチを手に取り、オペアンプの交換をしました。「こんな音、嫌じゃん!」と文句を言いながら…。

FX-AUDIO- DAC-X6Jの音質(オペアンプ交換後)

オペアンプをMUSES02に交換し、スピーカー出力の音を聴きましたが、交換前と何が違うのかよく分かりません。最初、「凄え!全然いいじゃん」と思い込んでいましたが、実はPS Audio NuWave DSDからのRCA入力と勘違いしていました。orz

ヘッドホン出力は劇的に変化しました。(ヘッドホンが安物なので)相変わらずドンシャリ傾向ですが、かなり改善されています。このくらいのドンシャリなら音楽的にも面白いと思いました。ただ、FX-AUDIO- D302J+のヘッドホン出力の方が良かったような気がします。しかし、この程度ならエージングで改善するかも?です。

FX-AUDIO- DAC-X6Jのオペアンプ交換後の音質は、RCA出力なら3万円クラスと同程度の音質。私のクソ耳では優劣を付けられません。ヘッドホン出力に限り素晴らしい!です。本体+電源アダプター+MUSES02で1万5千円くらいですから、もの凄くコスパが良い訳でもなく、まぁフツー(実売3万と同等ならコスパいいのか知らん?)。用途は満たしたけれど、新たな感動はありませんでした。

個人的評価 ★★★☆☆ まあ、フツー。

DAC-X6J(正面から)

関連記事

コメント

  1. ジャイアン より:

    アンプとスピーカーの一本化、おめでとうございます!
    しかし驚きました!何が驚いたって、交換したオペアンプがMUSES02ってことです。MUSES02って送料込みでまだ3Kはしますよね。本体との価格バランスがとんでもないことになってますよね。そんなことへとも思わないのがオーヲタなんですけどね(笑)

    ところで話がコロッと変わりますが、今季はどんなアニメを視聴されていますか?
    私的には「呪術廻戦」「魔女の旅々」「ダンまち」「憂国のモリアーティ」「ひぐらしの鳴くころに」「魔法科高校の劣等生」「くまクマ熊ベアー」「おそ松さん」「魔王城でおやすみ」「無能なナナ」「神様になった日」などなどで、なんだかんだで結構観ています。全てアマプラで視聴していますが、この中で特に注目しているのは「魔王城でおやすみ」と「無能なナナ」。コミカルな「魔王城でおやすみ」にシリアスな「無能なナナ」。両方ともストーリーがスルッと頭に入ってきますし、画が崩れてないのもポイント高いですね。
    今季は、早々に視聴をやめた作品も少なくありません。それでも結構な数を視聴しています。なので、飛び抜けて面白いものはないけど、ハズレもそんなに多くないと言った感じです。
    そうそう、世の流れに乗っておくために「ごちうさ」も視聴しているのですが、私は全くピョンピョンしそうにありません。あれって何が面白いのでしょうね。

    • ぢるんぢるん より:

      MUSES02は以前使っていたサブのプリメインアンプ(ACアダプタ込みで10K)に刺していたので多少はマシかな?とは思ったのですが、やはり豚に真珠感がしますよね。最初はMUSES8820Dくらいにしようと思ったのですが、後で「もっといい音になるかも知れない」と買い足す自分の姿が目に浮かび、MUSES02をポチリました。

      私は「憂国のモリアーティ」と「魔法科高校の劣等生」以外は観てま~す。お気に入りは全く同じで「魔王城でおやすみ」と「無能なナナ」、あと「ゴールデンカムイ」です。「ゴールデンカムイ」は今季アマプラから外れていたので地デジを録画してます。「魔王城でおやすみ」はいいですよね。睡眠だけで引っ張って笑わせるとかありえないですよ。「無能なナナ」も無能力者が頭脳を駆使して戦うとか、いい切り口ですよね。

      ちなみに、「ご注文はうさぎですか」は、1期の何話かでギブアップしています。

      • ジャイアン より:

        周囲に「魔王城でおやすみ」の面白さを理解してもらえず、拗ねていたジャイアンです!「無能なナナ」といい、私たちなか〜まですね(笑)

        最近、知人で腐女子なレイヤーさんに教えてもらったのですが、あの「おそ松さん」は意外と腐女子に人気なのだそうです。なんでも腐女子たちはあれをBLとして観るのだとか…いやぁ〜有り得んわ(笑)

        というわけで、私も「ごちうさ」は視聴リストから外します。やっぱ私には耐えられない…

        • ぢるんぢるん より:

          「魔王城でおやすみ」は凄いニッチを突いてきた良作ですよね。サラッとしているのにイッちゃてる感じがGoodです。
          一方、感じではなく完全にイッちゃてる「おそ松さん」って、BLとして観られているんですね。…本当に腐っていて素敵ですね。