JBL JEMBE(ジャンベ)壊れそうだよ

我が家のPCスピーカーは、JBL JEMBE(ジャンベ)です。JEMBEは2015年1月に購入したので、使用期間は2年未満です。こんなに早く「壊れそう!」になってしまうなんて…。orz
壊れそうな現状は、「無音状態が続くと豪快なノイズが乗ってくる」といった状態です。本来、JEMBEは「無音状態が一定時間続くと自動で電源OFFになる」という便利機能が、一つのウリだったのですが…。今は無音状態が続くと、ビックリするよーな雑音を発します。 ヽ(゚Д゚)ノ チョーウルセー!の。

JEMBEの保証期間である1年は経過したので、誰に文句も言いようがありません。

でも、なんだろうね。保証期間が過ぎたら直ぐに壊れてしまう工業製品って、なんなんだろうね!?

まぁ、私の場合、使い道がPCスピーカーだけではなく、TV音声も再生していたので(実はコチラの用途がメイン)、使用期間は短くても、使用時間は長かったのです。だから、仕方ないのかな?

つー訳で、当面はメインのステレオシステムを使うとしますが、折を見て、新たにPCスピーカー(アクティブ)か、サブスピーカー(パッシブ)を買おうと思います。どーしてかって?それは、我が家のテレビモニタはスピーカー非搭載だからですよ。また、メインのステレオシステムでテレビの音声を再生すると、低音が響きすぎて深夜の使用を躊躇ってしまうからですよ。なので、低音が出ない小さなサブスピーカーを買い足すか、PCスピーカーを買い替えるか、悩んでいる次第です。

そこそこの音質を狙うと最低5000円以上はしますし、廉価なPCスピーカーは、どーせまた直ぐブッ壊れるかも知れないし、なかなか悩ましい問題です。

JEMBE(ジャンベ)壊れそうだよ
↑FOCAL Aria906(左) と ブッ壊れそうなJBL JEMBE(右)

でも、あは、あははは♪
オーディオ製品を選ぶという行為は、オーディオヲタクには至高の時!ですよね?また、たくさん試聴をしたり情報を集めたりして、満足の行くスピーカーを選ぼうと思います。

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)

コメント

  1. ジャイアン より:

    アナタ、怠惰、ですね?w
    と言うわけで、ハンマーダックさんには、もっと勤勉になっていただいて、オーディオ魔女の寵愛を受けられる身になっていただくべく、ワタクシから一つの提案をするのです!
    フォステクスの「かんすぴ」とか、どうでしょう?
    http://www.fostex.jp/kanspi/
    この中で、まずは「かんすぴセット」をオススメするのです!
    中でもKANSPI-6は、アンプ込みで10,800円(税別)。
    なぜ「かんすぴ」をオススメするのか、怠惰なるアナタに、貴重な時間を割いて解説するのです!
    涙にむせびつつ、この福音を拝聴するがよいのです!w(ドンダケヤネン)
    ここから普通の語調でw
    低価格のアクティブスピーカーは、どうしたってスピーカーユニットがチープ!
    きっと振動板を支える筐体も、樹脂製なのですよ。
    ちなみに、日本製の自動車に標準で搭載されているスピーカーも、そのほとんどが樹脂製筐体ですが、その形状からフォステクス社製と思われます。
    で、「かんすぴ」は…
    フォステクスが出しているだけあって、スピーカーユニットがマトモ。
    半完成品なので、廉価で入手可能。
    組み立ても、プラスドライバーとカッターがあればいいと(ハンダ付け不要)難易度は高くない。
    そして、このスピーカーは、まず壊れそうにないw
    コレにフォステクス社製のアンプを加えて10,800円なのですから、下手にアクティブスピーカーを買うよりも、音的にも経済的にも幸せになれそうな気がしませんか?
    また既にオーディオアンプをお持ちなのですから、セット品でなく、「かんすぴ」の8センチ口径ボックスにより高品質なスピーカーユニットをチョイスするとか、いっそ10センチ口径のドライバP1000-EとボックスP1000Kをチョイスしてもオモシロそうで、お安いと思うのです。(さすがに10センチ口径の高音質ドライバユニットのチョイスは「アナタ傲慢ですか?」的お高さですし、いざとなれば、後々に高音質ドライバユニットに載せ替えるという手もありますから、最初は廉価なユニットで。ネ、勤勉になれそうでしょ?w)
    たぶん問題のJEMBEは、価格から言っても、搭載されている電解コンデンサがチープで、この辺が一番に疑ってかかるべきポイントだと思います。
    自力で修理を試みるのならば、ですが。
    私なら、「もう壊れてるんだから!」とマルチテスター片手に、勇んで分解しちゃって、ブログネタにしちゃうところですw
    で、私からの予告ですが、近日中に、表のブログを更新します!

  2. 音質的にも耐久性的にも、やはりパッシブスピーカーが優位なようですね。実は既にパッシブスピーカーの候補は、ジャイアンさんのおススメする「かんすぴ」シリーズの完成型 FOSTEX P802-Sか、PIONEER S-LM2B-LRを考えていました。でも、自作型の「かんすぴ」もアリですね。手持ちのアンプが2系統のSP出力があるのでアンプは不要ですし、8cm+ユニットを買ってもJEMBEより安いなんて…。これはチョー欲しい!かも知んない。そして、フォステクスさんの罠にハマって行きそうです。このシリーズは高級ユニットの他に同社サブウーハーpm-subminiを加えると、死ぬほどハイCPなシステムになるらしいですね…。
    (((;゚Д゚)))価格設定やラインナップが、もう、泥沼コースに誘導しているぢゃないですか!?でも、ナイス提案ありがとうございます。(>_<)b
    私、怠惰でした。勤勉になれるよう頑張ります。(>_<)b
    とりあえず、気になるPIONEER S-LM2B-LRを試聴してから判断したいと思いま~す。

  3. ジャイアン より:

    ワタクシは既に「フォステクス」な寵愛を受けまくっている身なのです!
    (HP-P1にHP-A8、TH900、スピーカーユニットに至っては2種類を合計6ヶ。フォステクスな見えざる手によってがんじがらめなのであります)
    さぁ、アナタも、「フォステクス」な寵愛を受けるがいいのです!
    で、ユーフォ2、いかがでした?w

  4. 脳が、震っ!えっ!るぅぅ!

    今日はSPの試聴に行ってきたのですが、ちゃんとした試聴は出来ませんでした。というのもAVリア用のPIONEER S-LM2B-LRは2chでは展示していないので、サラウンド音源しか聴けませんでした。そして、FOSTEX P802-Sは今回試聴出来る店がありませんでした。以前、ちょっとだけ聴いた印象は、少しハイ上がりだけれどTV用には最適!という印象がありました。
    某店員さんに「かんすぴ」について訊いたところ、「今使っているアンプで鳴らせば、同価格帯のアクティブスピーカーには絶対負けない音質です!」と言われました。これは、もう「かんすぴ」で決定ですね。来月辺りに、買っちゃおうと思います。アドバイスありがとうこざいました。m(__)m

    それから、ユーフォ2の第1話は60分の放送でした。今回も初回からグイグイ惹きつけられる内容でした。ストーリー自体は普通なのに、演出、作画、音響、どれを取っても素晴らしく、流石京アニ!といった内容です。私、既に2回観ました。