どーするジミー!?

ジミーの調子が悪いです。ジミーとは、我が家のCDプレイヤーの事です。(私は愛着のあるものに名前を付ける痛い人ですよ。)型番は、ケンウッドのDP-5090です。1998年から使ってます。

どーするジミー!?

ジミーの詳細は、「諦念ぢるんぢるん オーディオ 購入履歴 #dp-5090」へ

ジミーは現在、たまにCDトレイが勝手に閉ってしまう不都合がありますが、今まで度重なる引越しにも耐え、CDプレイヤーとして致命的な欠陥「音飛び」は15年間皆無でした。なのに、最近普通に音飛びを始めました。こうなると買い替えか、ピックアップレンズの交換となるのですが、その交換費用にはおおよそ2~3万円掛かります。ちなみに、ジミーは定価5万円を2万5千円くらいで購入しているので、修理にもはや意味がない事は明白です。同クラスのエントリー機と買い換えようか?メンテナンス済みで程度の良い中古の中級機に買い換えようか迷いどころです。

そんなこんなで先日、梅田ヨド〇シカメラに試聴に行ってきました。
最近のCDプレイヤー事情はこんなんでした。

1.殆ど普及していないSACD(高音質化CD)に対応。
→ SACD再生にコストを取られて、音質低下気味。
2.ピュアオーディオが衰退していて選択肢が少ない。
→ 中高音域「キラキラし過ぎ」機器ばっかり!安い価格帯は皆同じ傾向。
3.USB端子を備えて、ディスクなしでも驚くほど高音質。

ジミーより高音質(主観で判断しています)なエントリー機はありませんでした。ジミー以上を狙うと定価10万円(売価5~6万)コースです!

ああでも、オーディオは購入前の検討も楽しみのひとつですよね?じっくり選んで行こうと思います。

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)