ONKYO D-77NE

● はじめに ●
このたびの熊本地震により被災された皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。
ああ、どーかこれ以上の被害が出ませんように。(-m-)

今日の記事はここから (ONKYO D-77NE)

先日、ヨドバシカメラにてONKYO D-77NEを試聴してきました。試聴環境は、ONKYOブースだったので、A-9000RとC-7000R(C-7070だったかも知んない)でした。


ONKYO D-77NEはかつてのオーディオ全盛期、598戦争唯一の生き残りです。(1本\59,800のスピーカーの事ね)実は私、過去にD-7シリーズを所有していました。だから、とても懐かしい気持ちで試聴をしました。
詳しくはコチラをみてね♪外部サイト「諦念ぢるんぢるん オーディオ購入履歴」へ
ちなみに、私はD-77 XDを使っていました。所有時期がちょうど阪神淡路大震災前後だったので、お部屋の中で、30Kgのスピーカーがフッ飛ぶ!という恐ろしい光景を目撃しましたよ。

\(・_\) 話を元に戻します。 (/_・)/

本日の試聴システムは、トータルで50万円超のシステムですから、そりゃーもう大迫力でしたよ。大型システムならではの腹にドスドス響く低音を久しぶりに体験しました。…ああでも、私、あれほど好きだった30センチウーハークラスの大音量、あの大迫力が鬱陶しい…。そう思ってしまいしました。自分で勝手にボリュームを上げていったのに、ものの1分もしないうちに、( ゚Д゚) うるせーわ!と思ってしまったのです。ONKYO D-77NEは確かにいい音なんだけど、ある程度の音量を出さないと活かされないスピーカーだなって思いました。そう思うと、小さな部屋で小さめの音で聴く、今のオーディオシステムで十分だなって思いました。そして、こう思うのでした。今のオーディオシステムは安物だけど、本当に自分に合う買い物だった!と。

ちなみに、現システムは
・スピーカー   B&W 685
・アンプ     ONKYO A-5VL
・CDプレイヤー ONKYO C-S5VL
とトータル12万円の安物システムですが、狭いオッサンの部屋と試聴スタイル(小音量再生)にピッタンコなシステムです。

( ゚Д゚) 身分相応の安物の耳で良かった!贅沢な耳のまんまだと困っちゃうし。などと、負け惜しみを言いながら帰ってきました。とか言いながら、本音は高価な小音量向けシステムが欲しいに決まっています…。買わないけれど…。

最新のUSB-DACと高音質ヘッドホンアンプ搭載、マランツのHD-AMP1が、とてもいい感じ♪らったった!

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)

コメント

  1. ジャイアン より:

    えぇ、もらい物のYAMAHA NS-200Mに先輩んちからかっぱらってきた低域用のバックロードホーンを併せて、下を強化してます。
    NS-200Mだけだと、ちょっと下の量感が足りないというか、アタック感不足が否めない。
    中高域は十分にイケルので、もらい物でコレならアリ!
    ついでに、D級アンプ二台のバイアンプにして、私としては贅沢なシステムで鳴らしています。
    アンプ自体はキット品を組み立てたものですから、結構お安くおさまっているとは思うのですが、それでも両方で十万いっちゃうかなぁ〜(ーー;)
    もともとヘッドホンからオーディオに入ったので、ヘッドホンアンプの方に投資が偏ってます。
    でも今は、お部屋ではほとんどスピーカー。
    深夜でもスピーカー。
    微少音量でも非常に通りのいい音なので(ラズパイDACだとなお顕著)、ボリューム絞りまくってBABYMETAL聴いてますw
    昨日は日中から、BABYMETALをガンガン鳴らしてましたw
    そぉそぉ、私の住む築44年になるマンションはラーメン構造ではなく、壁や床で支えている構造なので、壁や床が分厚くて、上の音もお隣の音も聞こえません。
    (熊本の地震でユッサユッサ揺れたので、ちょっと怖かった)
    さすがにサッシの開け閉め音は聞こえますが、それ以外の生活音が聞こえない。
    って、こ〜と〜わ〜
    私のスピーカーの音も聞こえてないw
    夏場には窓を全開放してスピーカーならすのが楽しいのですが、隣のオジサンからは「昼間ならいいよぉ〜」と快く受け入れてもらっています。
    できれば昭和歌謡とか演歌の方がいいらしいですが、私がやだもんね!
    今はBABYMETALが旬です!w

  2. ぢるんぢるん より:

    YAMAHAのモニターシリーズだとBABYMETALが格好良く聴こえそうですね。ちなみに我が家のシステムだと、パンチがなくて物足りないです。
    でも、バイアンプとは言え、D級アンプで25センチコーンが駆動出来ちゃうんですね。意外でした。あ!それからYAMAHA NS-200Mでググるとジャイアンさんのブログが、かなり上位に来てましたよ。(^^♪

  3. nanashi より:

    ジャンクで放置されていたDS-200Zを見掛けて、今まで食わず嫌いだったダイヤトーンも聞いて観ないと!と性懲りも無く入手してしまった私も来ましたよ(笑)。
    中古のダイヤトーンには欠かせないエッジ軟化のメンテナンスをシコシコ済ませて、エージングも兼ねてAU-α607DRに繋げて聞きましたよ。
    さすが国産スピーカーの最高峰と言われただけあって、特に中高音域(特にボーカル!)はうっとりするほどの心地よさで、当初まるで出なかった低音域もエージングが進むにつれ、締まった感じの低音を奏で出し、低音ドスドスのLS-1001と全く違う方向性ながら素敵な音バランスで良かったんですけど・・・・・・、高能率の為ちょっとでもボリュームを上げると(隣近所的に)大音量!
    又、低音域が軽めの為、ついつい音量を上げがちで途端に大音量!
    斯くして最早お決まりのコース、9.1AVアンプのサラウンドに回す事に_| ̄|○
    結局、隣近所対策として低能率スピーカーをボリューム絞り気味にして聞く日常に舞い戻ってしまいました(涙)。

  4. ぢるんぢるん より:

    実は私も、以前はダイヤトーンの音が嫌いでした。けれど、去年くらいに大阪日本橋の中古オーディオショップでDS77-Zを試聴してビックリしました。嫌い嫌いと思っていましたが、意外にも「あ!、コレも結構いいな…」って思いました。ダイヤのスピーカーは中古市場でも数多く出回っているので、状態の良い個体を見つけたら「買い!」ですね。
    ああでも、DS77シリーズは気軽に買える大きさではないですね。さらに、AU-α607DRなら十分ドライブ出来ると思いますが、我が家のA-5VLでは力不足でしょう。orz

  5. nanashi より:

    スペック主義のパイオニア(笑)のS-N902-LRが美品安価(注・個人の感想です)でゲット出来たので607DRで聞いたら、オール80点!という感じで小音量でもバランスの良い音を出したので、こちらをメインスピーカーに変え、長らくメインの座を譲らなかったLS-1001をサブに降格させました!
    ・・・・・と言っても実はS-N902の方がデカく、こちらをサブとすると配置上の見た目のバランスが悪かったからなんですけどね(笑)。

  6. ぢるんぢるん より:

    NEWスピーカーの導入、おめでとうございます。
    私、S-N902-LRの音を知らないのですが、あのLS-1001をサブに引きずり下ろすとは、恐るべきスピーカーですね。画像とスペックはネットで確認しましたが、何か所有欲をそそる3waySPです♪あ゛あ゛私も部屋がもうちょっと広かったら、もう1組SPが欲しいなぁ~。