PS Audio NuWave DSD

先月、臨時収入があったので、PS AudioのUSB-DAC「NuWave DSD」を購入しました。ちなみに、今回の購入は実機での試聴は無し、後継機のGAIN-CELL-DACでの試聴だけという「あんたは博打打ちですか?」という購入方法でした。その問題以前に、臨時収入があると「迷わずオーディオ製品を更新してしまう」というライフスタイルに突っ込みは無用です。

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)

プロローグ

自他共に貧乏を認めるはずの私は、ここ数年その病が再発して、様々なオーディオ製品を買い漁っています。その遍歴は、私のホームページ「オーディオ購入履歴」にてご確認ください。

管理人所有の別サイト 諦念ぢるんぢるん オーディオ購入履歴

2018年2月現在のメインオーディオシステム
CDプレイヤー ONKYO C-S5VL ONKYOのエントリー機
USB-DAC ONKYO DAC-1000 実売4~6万円くらいのハイCP機
アンプ LUXMAN L-505uX LUXMANのエントリー機(でも、20万超)
スピーカー FOCAL Aria 906 高級おフランスメーカーのエントリー機
サブウーハー FOSTEX CW250B お部屋が揺れる実力機

そして、現在のシステムに於いて、唯一、価格的にアンバランスなUSB-DACかCDプレイヤーを更新する段階に突入したのです。

悪魔のささやき

ONKYO DAC-1000は、4万円ほどで購入しました。同社のプリアンプP-3000Rに搭載されたDAC部分を単体製品化したもので、値段の割に高音質!というUSB-DACです。ああ、でもね。どう頑張っても、同社の10万円以上のCDプレイヤーにはかなわない音質だし、我が家のシステムでは、間違いなく音質的に足を引っ張る存在でした。

購入時の目的は、ややハイ上がりなシステムの低音補完でした。結果、帯域のバランスは良くなり、それなりの満足感もありました。でも、もうちょっと柔らかい音を求め始めてしまったのです。ついでに、もうちょっと解像度も欲しいとか…。その「もうちょっと」を感じ始めると、週末は試聴の旅に出かけたくなります。そして、その旅先で「いいから、買っちゃいなよ」という悪魔のささやきに屈する時がやって来るのです。それは、PS Audioという聞いたこともないオーディオメーカーのUSB-DAC(正確にはプリアンプとヘッドフォンアンプの複合機)との出会いでした。最初は価格で競合するLUXMAN-DA250でほぼ決まりだったのですが、PS Audio GAIN-CELL-DACを聞くと、もうコチラの音質の方が好みでした。LUXMANより高解像度なのに、柔らかく聴きやすいのです。

それから、自宅でPS Audioの製品を調べました。すると、PS Audio GAIN-CELL-DACの前モデルがあるじゃないですか!さらに、私にとっては不要なプリアンプとヘッドフォンアンプ機能を排し、DACに特化し、20万円超クラスの強力な電源を搭載しているじゃないですか!噂によると価格的に2倍の上位機に肉薄する音質とか。…もう、心が揺れるよね。揺れまっくて価格ドットコムからリンクする最後の製品をポチッとしてしまいました。ちなみに、Amazonからは今でも購入できます。(2018年2月:現在)

天使降臨

ポチッとしてから数日、その天使は降臨されました。ホントはシルバーが欲しかったけど、箱から出して音を出した瞬間、そんな思いは飛び去ってゆきました。「ああ、なんて高品位で癒される音なのでしょう!」PS Audio NuWave DSDを一言で表現すると「天使」。そう、天使のようなのです。(お布団やランドセルの宣伝ぢゃないよ♪)
先ず、柔らかい音に癒されます。さらに、柔らかいのにその高解像度に驚きます。音の純度がとても高く、変な装飾は一切感じません。一度NuWave DSDを聴くと、これまでのONKYO DAC-1000が硬くカチカチしていて、薄い音だったことに気が付かされます(ただ、綺麗には聴こえる)。また、スピーカーの後ろからも音が出ている気がします。まあ、定価で2倍違いますし、実売だと3倍くらい違うので、それくらいの差がないと困る気もしますが…。


NuWave_DSD 01

PS Audio NuWave DSDはエージングに時間を要するとメーカーが謳っておりましたが、まさにそのとーりでした。この天使は、エージングが進むと1~2段階、位(クラス)が上がります。天使⇒大天使⇒権天使みたいな!?イメージでしょうか。少しバラバラに聞こえた音が、綺麗に纏まって、どんどん聴き易くなるのです。この製品を聴くと、高額な製品になるほど解像度が増して、緊張感ばかりを強いられるイメージは払しょくされます。NuWave DSDの音を聴いていると、悪魔のささやきに屈した事に感謝を覚えるのくらいなのです。ああ、天使様(この音)に辿り着けるよう、私を導いてくれてありがとう!と。

エピローグ

今回も高額なお買い物をした私。それなのに、来月は引っ越しを控えています。引越先の条件はいくつかありました。次の通りです。

    1. 通勤に便利
    2. 生活環境が良い
    3. オーディオ的に有利
    4. 設備が充実している

この中で私が最も優先したのは、果たしてどれでしょう?

NuWave_DSD 03


↑画像は公式ページから転載したものです。

答えは、勿論3番です。ええ、3番に決まってるぢゃん。(´・ω・)キリッ!
悪魔が「この部屋にしなよ」って言ったんだもん。

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)

コメント

  1. ジャイアン より:

    新DACご購入、おめでとうございます!ア・ア・ア・ア・ア、それにしても、なんて私には毒な情報なの!
    内部構造の写真を見て、やはり電源は大切よねぇ〜と改めて思いました。それは、Raspberry Piでコソコソ遊んでいる中で実感してきたことでもあります。そーした電源という観点からすると、私が使っているHP-A8はねぇ…実はショージキなところ、もっと上位なDACを導入したいなぁという思いが、昨年ぐらいからくすぶり始めているところです。その前に病気を治して、生活も軌道に乗せるというステップが必要なので、今はまだ夢のまた夢の段階ですが。
    引っ越しの準備とか、大変なのではないでしょうか。陽気も変化を見せる時節になってきました。どうかお体だけはご自愛ください。

    • hammer_Duck より:

      エージングの進んだNuWave DSDは、ムチッとした中音域を軸にボーカル物が凄いです。下流のアンプもスピーカーも中音域重視なので、クドいかな?と思いましたが、そのクドさが堪らなくドストライク!なのです。価格的にも良いバランスになったので、しばらく現システムで楽しんでいこうと思います。
      あ、一応NuWave DSDの欠点も書いておこう。NuWave DSDはソースに忠実な再生をするので、良くない音源を聴きたくなくなります。ちょっと神経質な嫌いがあります。

      まだまだ寒い日が続きますが、ジャイアンさんもお体を大事になさってくださいね。(^^)/