大散財

母が亡くなってから大散財が続いています。詳らかに理由を書くと腹立たしいだけなので、敢えて理由は書きません。まぁ、不本意な出費が続き、私はちょっと壊れてしまったのですぅ。つー訳で、「もう貯金なんか使い尽くしてくれるわ!」と心無い疎遠な家族に宣言してやったのです。

それではご報告しましょう!ヤケクソ的なお買い物、第一弾は「ゴール(すごろくのアガリ的な?)のアンプを買っちゃった」です。

LUXMAN L-505uX

イライラが続く毎日でした。私は気分転換にオーディオショップに試聴に通い、「一度聴いたら戻れない」オーディオの悪魔のささやきに魂を売り飛ばしました。貧乏な私にしたら、度肝をぬく驚愕のお値段!

luxman_l-505ux

クワっ(ノ`Д´)ノ-----┻┻ -3-3
一括払いで21万円なりよ♪

ああでも、手持ちのスピーカーFOCAL Aria906とは、ベストマッチんぐぅ~。これまでのアンプ、パイオニアA-50DAでは、バランス的にハイ上がりだったサウンドから確実に2ランクぐらいアップグレード!腰の据わった低音をベースに、密度の高い、濃い~っボーカルを聴かせます。やはり、粘りのある本格的な低音再生は、強力な電源を搭載したアナログアンプに限りますな。

ONKYO DAC-1000

ヤケクソ的なお買い物、第二弾は「ONKYO DAC-1000を追加しました」です。これまでのアンプはUSB-DAC搭載のD級アンプでした。しかし、今回購入したアンプは、単なるアナログアンプです。PCオーディオは出来ません。
まあ、しばらく音源はCDプレイヤーで行こうと思ったのですが…。我が家のCDプレイヤーはONKYOのエントリー機C-S5VLです。ハッキリ言って、20万越えのアンプには音質的に余りにも不釣り合い…。

onkyo_dac-1000

クワっ(ノ`Д´)ノ-----┻┻ -3-3
一括払いで4万円なりよ♪

ONKYO DAC-1000は、10万円クラスのCDプレイヤーに迫る高音質です。ややもすると、暑っ苦しくなるLUXMAN L-505uXの音質を中和すべく、寒色系の機器を選びました。

パソコンの電源換装

オーディオを買い替えたバチが当たったのか、去年買い替えたばかりのパソコン工房のスリムパソコンがアボーンしました。電源がイカれてしまいました。10日間ほど検査と修理見積もりに出していましたが、スリムケースの電源は交換しても直ぐに壊れてしまうでしょう。(ほぼ常時パソコン付けっぱなしですから。)なので、ミニタワーケースと電源を買い、中身を全部入れ替えました。

sannzai-PC

クワっ(ノ`Д´)ノ-----┻┻ -3-3
電源とケースは一括払いで1.5万円(往復送料込み)なりよ♪

もう、貯金なんか殆ど使い尽くしてやったわ!

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)

コメント

  1. ジャイアン より:

    ブルーアイズな絵面に、一瞬「エ?( ・_・;)」となりましたが、アァ、良かったLuxmanだ!
    とは言え21マソですかぁ〜((;゜д゜)ガクガクブルブル
    ド、ドンナ音ガスルンダロォ〜…

    で、ONKYOのDAC-1000って地味にユーザーの多い人気モデルですよ!ヘッドホン鳴らさないなら、これで十分っしょ!ってか、私のHP-A8はヘッドホンアンプに力の入ってるモデルなので、ほぼライン出力しか使ってない私には、もうDAC-1000でいいんじゃね?ってか、平衡出力もってるDAC-1000、チョ〜裏山とか思っちゃうんですけど(とか書きつつ、HP-A8にはDDCとしての働きも期待しているので、やっぱHP-A8ですね、私w)。

    で、最期のPC電源が泣けます!私の愛用Mac、既に9年目凸!で、バリバリ現役。ココだけはジークハイルならぬXeonハイル!です。

    PC電源の問題がなければ、USBの電源ラインのアイソレーションやジッター対策を強くおすすめしたいところですが、コイツらはPC電源ユニット以上に金がかかるんですよねぇ…

    と、そんなことよりも…

    ブログの更新がずぅ〜っとなかったので、お元気されてるかなぁと心配しておりました。
    やっぱ、色々とあったようですね、と言うか、今も色々とおありなのでしょう。どうかお体をご自愛の上、このゴールデンウィークは音楽三昧をお楽しみ下さい。

    あ、やはり一番は「サクラクエスト」で、次点は「冴えない彼女の育て方♭」、大穴が「エロマンガ先生」となっております。今期、飛び抜けた作品はない感じがしてますぅ〜w

    • hammer_Duck より:

      ペア20マソ以下のスピーカーは、オーディオ的には及第点をあげられないレベルです。我が家のスピーカーAria906もそうです。なので、Aria906の欠点、低音域の量感不足と全体的な音の薄さをLuxmanで補う事にしました。私にも電機的な知識があれば、ジャイアンさんのように「中古のセパレートアンプをメンテして使う」という選択肢もあったのですが…。私、チョーが付く不器用ですからねぇ。ちなみに、Luxmanは太く濃く柔らかい音がします。濃い味付けがされているので賛否の分かれるアンプです。ただ、オーディオ的にはハイエンドの入り口にある製品なので、これまでとは別次元になったな、と実感できます。

      一方、DAC-1000では、最終候補に残ったHP-A8と大いに悩みました。だって、音も良いし凄く安くなっていたんだもん。でも、DAC-1000を使ってみて、バランス出力の出来が良いですし、ヘッドホンはほぼ使わない私にはコチラで正解でした。

      それから、PCです。電源の不調を誤魔化して使っていたのですが、とうとう逝ってしまいました。なので、標準サイズの電源が搭載できるミニタワーモデルのケースに、無駄ぢゃね?クラスの500W電源を買いました。換装作業は難儀しましたが、無事に復活してくれました。

      最近、人事異動で先輩社員や上司が異動したり、会社の会計システムが新システムに移行したり(人柱になりました)、兎に角「忙しくて帰ったら即寝る」な毎日でした。そこへ、姉たちのふざけた借金依頼をされていたので、私、壊れちゃったのです。姉たちは借金の理由にクドクドと人の悪口を言います。その「私は悪くないのに」という言い訳を聞かされるのが、もう嫌になってしまいました。不条理な話も傾聴し自立を促す。人生の苦難に寄り添うのって、本当に難しいですね。ジャイアンさんの奮闘を裏ブログで拝見しています。…無理はしないでくださいね。

      • ジャイアン より:

        ネガティブな言い訳を、止めどもなく聞かされたら、私でも病みますよw それがあって、行き来しなくなった近隣の方もいます。よく陰口を叩く人だなとは思っていましたが、私もその対象に入っちゃってw だったら、陰口を叩く原因を与えないのが、その人のためでもありますから。
        不条理は仕方がないですねぇ。私たちは、不条理が服を着て歩いているようなものですから。裏で色々と過去を書いちゃってますが、私の黒歴史も、あんなもんじゃないです。利用できるものは何でも利用して、生を繋いでいた時もありましたし。

        という重い話は置いといて\(^^\)

        「P-150D 改造」でググると、トップに私のブログが来ます。個人のブログは、私のしかきませんw もっと遊んでいる人がいるだろうと踏んでたんですが、意外でした。
        製品の成り立ちからして「オーディオ的にどうよ?」なアンプですが、一般民生品にはない魅力があるんです。それは、有り余る電源パワーと、これでもか!という安全設計(それを壊したんだから、オイラエライ!)に、モノアンプとしても使える内部の平衡変換回路(これも本来はPA用だからこそ生じる長い信号ラインの為なんですけどね)。トランスだけで10Kgありそうです。
        改造が功を奏したのか、そもそもPAアンプだからなのか、音に着色といったものは感じません。ただただヨユ〜でスピーカーを駆動する(ツインモノにしてるから、でもありますね)。「音の立ち上がりとか立ち下がりとかって、何?」と言いたげな、ヨユ〜の鳴り方ですw 各ユニットが小気味よく駆動されているのが、音に現れてます。NS-200Mだと簡単に出力の上限に達するようで、音量を絞り気味で鳴らす方が、このスピーカーの美味しいところを楽しめるようです(シングルエンドの方がもっと出せると思います)。しかし、パワートランジスタを3ペアも使ってるアンプですので、たまには有り余る出力も吐き出させてやらないと!ってわけで、今日の昼間は椎名林檎をガンガンにかけてました。左スピーカーがたびたび鳴らなくなります。アァ、内部ネットワークがご臨終間のご様子ですorz
        今はオペアンプに5千円つぎ込むのが精一杯なので、オーディオ的な事は、ずぅ〜っと後の話になりそうですw

        • hammer_Duck より:

          姉たちは「アタシは可哀そうだから」と言って、私や他人を踏みつけている事に無自覚なんです。今回の買い物でも「アタシが困っているのに、自分だけ贅沢して酷い」などと言っています。でも、今回の買い物をしてから、姉たちからの電話が一切なくなりました。「金がないなら用無し」のようです。愚痴を聞かされないだけ、私シアワセです。ついでに、念願のアンプも手に入れました。私、チョーシアワセです。

          TOAのアンプは大阪市市営プールでも採用されていて、何気に音だけは知っています。本当に味付けのない、それでいて恐ろしくパワーのあるアンプですよね。アレでスピーカーをガンガンに鳴らしたら、気持ちいいでしょうね~。改造スキルがあって、あの音を低コストで再生できるなんて、チョー素敵ぢゃないですか?

  2. nanashi より:

    我々の様な貧乏オーディオファンにとっては「何時かはクラウン」的な立ち位置の御三家の一つLUXMAN(後の2つは更に高級路線のアキュフェーズと、他2つと比べれば比較的「お求めになりやすい価格での提供です!(by某通販の前社長)」路線とは言えるマランツ辺りかな?と)にとうとう足を踏み入れましたか!

    もうここまで来ると、アナログディスクへの誘惑がすぐそこの手の届く位置まで(笑)。
    何せ真空管アンプで名の知れたLUXMANですもん、集積回路の塊みたいなCD,SACDプレイヤーなんてねー・・・・・、LUXMANでもこだわりのベルトドライブプレイヤー(店頭価格45〜50マソ)を発売していますよ!
    カートリッジ代やらハウリング等を徹底排除する為のインシュレーター等の代金やら諸々考えると、一体幾ら掛かるのやら全く想像出来ない世界ですけど(溜息)。

    • hammer_Duck より:

      とうとうハイエンドの入り口、LUXMANのエントリーモデルに手を出してしまいました。思えば30年以上前から憧れだったラックスマン。クラッシックのオケなんかはやや不向きですが、ジャズとポップスはFOCAL Ariaの欠点を上手く補ってくれて素晴らしいです。ちなみに、真空管アンプも試聴し、もの凄く魅かれました。しかし、「維持費が掛かる&プリアンプも欲しくなる」という泥沼地獄が待っているとアドバイスされ、諦めました。

      ああでも、買って良かったです。お休みの今は、毎日音楽漬けです♪