SANSUI AUα-607EXTRA

SANSUI AU-α607 EXTRA 音楽とオーディオ

オーディオ製品の購入履歴です。本記事は段階的に閉鎖予定のホームページ記事を掲載しています。なお、愛着ある製品には名前を付けています。




SANSUI AU-α607EXTRA

サンスイのプリメインアンプ AUα-607EXTRA です。オーディオ誌に載っていた通販のオススメセットとして、ビクターのCDプレイヤー XL-Z621と同時購入しました。初めて貰ったボーナスをブチ込んで、試聴なしの博打購入をしました。

当時は一人暮らしを始めたばかりでした。地方に住んでいたのにも関わらず、自動車免許取得より先に単品のオーディオ製品を揃え始めたました。同級生たちが当然のように自動車を乗り回していた頃、オーディオ製品購入を優先させるあたり、もう相当な変態ですね。しかし、貧乏で高校も通えなかった人生だったので、この頃には既に「世間体なんか気にする意味なんかねーわ」と捻くれてしまっていました。雨の日の自転車通勤も恥ずかしいと思わなかったですし、そんな事より、毒親のいない自分だけの家で音楽に浸れる日々が楽しくて仕方がなかったのです。

製品名 発売年 購入年 定価 状態 記事執筆日
SANSUI AUα-607EXTRA 1988 1989 85,000 売却 2012.04.25

SANSUI AUα-607EXTRA の音質と評価

SANSUI AUα-607EXTRAの音域バランスは、高度なカマボコ型。繊細さもあるのだけれど、基本的にクールな骨太サウンドでした。音の輪郭は少し丸く聴こえますが、芯のある鳴り方で低域から高域までエネルギッシュ、且つ冷徹に鳴るイメージ。上を求めたらキリがない世界の入り口に、立ちはだかる門番みたいなアンプでした。個人的にこのアンプは畏怖を込めて仁王様と呼んでました。同時期に友人が購入した純正ソニーの組み合わせとは好対照な音でした。

当然、それまで使っていたミニコンポとは明らかに別次元のクオリティー!でも、音は良いけれど温かみが感じられず、聴いていて緊張感を抱いてしまうアンプでした。仁王様ゆえに。先に購入していた優しい音のビクターのスピーカーSX-500が、試聴時とは全然違う方向に走り去って行きました。

まあ、その頃はエージングなんて知らなかったから、初めて完成されたオーディオシステムに身勝手な不満が沸々と溜まっていったのでした。←試聴して買わないからだよ。
てな訳で、短期間でさようなら。

初めて組んだオーディオシステムは、再生される音楽ソースを選ばないメリットはあったけれど、 それが好みじゃなかったら、存在価値は希薄に為らざるを得ないのです。そして、 仁王様を売り飛ばそうと決意した瞬間に旅立ってしまいました。
そう、オーディオの終わりのない迷路ってやつにさ。 (ノД`)=3ハァ・・・

個人的評価 ★★☆☆☆ 結構高値で売れました。

SANSUI AU-α607 EXTRA

出典:ハイファイ堂

コメント