YAMAHA NS-200

YAMAHA NS-200 音楽とオーディオ

オーディオ製品の購入履歴です。本記事は段階的に閉鎖予定のホームページ記事を掲載しています。なお、愛着ある製品には名前を付けています。




YAMAHA NS-200

 ヤマハのスピーカーNS-200です。
はい、ここからはいい訳ですよ。これまで使っていたスピーカーNS-10MMをしっかりセッティングしてあげようと考え、スピーカースタンドを探していたんです。たまに中古市場で純正品スタンドを見かけますしね。そして、ネットでオークションから中古専門店まで探していたらNS-200を見つけちゃったのです。背面にガムテームで剥がした跡があって、とんでもない安いお値段で。もう10年くらい前の製品だけれど、そこそこいい音で鳴っていた記憶を辿ります。で、「最悪NS-10MMのスピーカースタンド用途でもいいしね」 と軽い気持ちで買っちゃっいました。ただ、送料が2小口で逆にとんでもなかったけれど。

製品名 発売年 購入年 定価 状態 記事執筆日
YAMAHA NS-200 1999 2012 72,000 廃棄 2012.05.27

YAMAHA NS-200の音質と評価

 YAMAHA NS-200は背の高いフロア型(トールボーイ型)という事で、付属の転倒防止スタンドを使って、何も考えずにドカッと設置しました。しかし、そのままでは低音が膨らみ過ぎてダメダメでした。「ああ、やっぱスタンドじゃ~ん」と思いましたけれど、東急ハンズで買った桜チップと100均で買ったキズ防止用のフェルトを組み合わせた激安インシュレーターで幾らかマシになりました。

YAMAHA NS-200は、基本ヤマハっぽい音だけど解像力は価格相応。NSの型番からして、名機1000Mの姉妹機NS-200Mと混同してしまいますが、比べちゃダメよ!全くの別物で哀しくなるから…。そう、中~高音域の鳴り方がどうしても機械っぽいのです。悪い言い方をするとミニコンポの親玉みたいな音!?なのです(中身スッカスカなんですw)。当時2台あったCDプレイヤーを切り替えて聴いても、アナログ楽器がシンセサイザーのような音で聴こえます。それは一聴すると、爽やかで綺麗な音なのですが、爽やか過ぎても嫌なの♪(野沢直子)

まあ、リスニングルームが狭いので「ニアフィールドでしか聴けない」っていう理由もあるんですけどね。6畳弱の部屋だと、スペース的にかなりキッツイです。和室のようなデットな環境か凄く広い部屋でスピーカーとの距離を十分取り、大音量だったらイケますよ。たぶん。

良い点として、本機はウーハー(低音用ユニット)がフルレンジのような動作をするので、低音と高音の音の繋がりが良く、3WAYに比べ点音源に近いメリットがあります。また、ブックシェルフ型と違って容積に余裕があるので、中低域以下の余裕と質は流石です。無理のない軽快な低音にキレがあります。そして、映画音楽の再生はド迫力!(だって、AVスピーカーなんだもん。)しかし、オーディオ的には、ちょっと残念。YAMAHA NS-200は優秀なAVスピーカーですよ。

…だって、AVスピーカーなんだもん(大事な事なので2度書きました)。

 値段考えれば当然ですが、ヤマハスピーカーの2セットは、残念ながら過去に所有したオンキヨーにもビクターにも勝てていません。という訳で近々買い替えの予定です。

 なお、酷評したにも拘らず名前を付けました。「出来が悪い子ほど可愛い」ってヤツですかね?YAMAHA NS-200は見た目が余りにも酷いです。前面が上品さのない銀色で背が高いもんだから、どっから見てもまるで墓石なのですわ。さらに、ツイーターは工事現場の黄色って…。

個人的評価 ★★☆☆☆ 命名:墓石 ( ̄人 ̄)合掌

YAMAHA NS-200

コメント