ホームページの更新(眠い)

やっと終わった!最近はブログばかり更新してますが、私の趣味のひとつ、WEBの取っ掛かりは、ブログではなくホームページでした。ちなみに、ホームページのテーマはオーディオです。

度々発言していますが、ホームページの更新はチヨー面倒くさい!ですよ。何故に面倒くさいかというと、私のホームページはホームページ作成ソフトを使わず、htmlとCSSソースを直接書いているからです。最初は「Dreamweaver」か「ホームページビルダー」で作ろうと思ったのですが、これらのソフトを「基礎知識なし」で作ると、後でトンデモナイ目に遭うのです。ですから、メモ帳に直接コードを記述しています。

私は職業訓練校で「WEBサイト構築」を少しだけ学んだので、その復習も兼ねて、htmlとCSSソースを直接書き、サイトを管理しています。
今回の更新内容は、スピーカーB&W 685を購入しましたからね。そのレビューの追加と、ついでに更新情報を設置して、サイト内の回遊性を少し上げてみました。順次、少しずつ手直しして行こうと思います。もう、眠くて堪りません。

外部サイト「諦念ぢるんぢるん オーディオ 購入履歴」へ
良かったら、覗いてみてね!

ホームページ更新中

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)

コメント

  1. nanashi より:

    忙しい中ご苦労さんです!
    私もLS-300Gをサブに回して、メインとなり得るスピーカーを買おうかなぁ・・・。

  2. ぢるんぢるん より:

    LS-300Gは聴いた事があります!ちっちゃいのに凄い低音が出るスピーカーですよね?そして、あの頃のスピーカーって、とんでもない物量投入してましたよね!?
    わーい!スピーカー買っちゃいましょ。その結果、毎日納豆飯でもいいぢゃないですか?好きな音で聴けちゃいますよ♪

  3. nanashi より:

    まさに低音の魅力溢れるスピーカーなんですけど、先日購入したVictor Zeroスピーカー(但しAV用(つうかTV用)を企図した普及型ですが)+ONKYO AVアンプが奏でるクリア且つ透明な音を聞くと、AU-α607+LS-300Gの「低音たっぷり出るよぉ」コンビにソースによっては胃もたれ感も(-_-;)
    音圧薄めの1980年前後のデジタル録音で録音されたアナログディスクだと絶妙な音バランスを発揮するんですけどね(これで聞くLP「ホテルカリフォルニア」なんてCDなんぞ聞いちゃおれなくなる位断然良いです!)。
    スピーカーを変えるかアンプを「低音たっぷりからクリア感へと音の方向性自体が変わった」と評されるAU-αの後期に変えるか….実に悩ましい所です(-_-;)

  4. ぢるんぢるん より:

    AU-α607+LS-300Gって、想像しただけでゴージャスな低音に痺れてしまいそう。きっと他のセットだとそんな分厚い低音は難しいですよね?それは捨てがたい魅力ですよ!スペースに余裕があるのなら、私なら使い続けたいです。そして、もう一組スピーカー買っちゃうかも!?
    私のサンスイアンプ使用歴は、AU-α607EX → AU-α607DR → 16年のブランク → AU-α607KX(現在)ですが、確かに初期のα607シリーズの方が低音は出たような…。後期になるとどんどんサンスイらしくなくなってくる気がします。私が聴きたいソースには後期のが合ってます。ちょうどいい塩梅です。
    スピーカーか、アンプの更新。うーん、悩ましいですね。でも、その悩ましさ→「オーディオの無間ループ」って、楽しいですよね♪