通信費の見直し

通信費の現状

我が家の通信環境を見直しました。以下の通信費を削減するのが狙いです。

通信費の内訳
インターネット接続料 約3,500円
携帯電話(PHS) 2,000~6,000円
固定電話 500円

費用が一番変動するのは、PHSのパケット代です。外でネットを使うと、ISDN並みの通信スピード(0.02~0.2Mくらい)で、パケット代がMAXになります。ちなみに、PHSでのネットは凄いっすっよ!Yahooのトップページを表示するだけで、軽く1~2分は掛かりますからね。でも、もはや誰も知らないだろうけれど、世界初のインターネットブラウザを搭載した携帯電話はPHSだったのですよ!あの頃はキラキラしていたのですよ。ウィルコムって。

最近は外でネットを使うシーンも増えてきています。私は筋金入りの方向音痴なので、PHSの簡易GPSを多用するからね。

モバイルWiFiルーターのメリット

私は、3770円+315円(安心サポート代)で、自宅のPCも外出先でのネットもこれ一つ!のモバイルWiFiルーターを導入しました。ちなみに、固定電話はほぼ使ってないので廃止にしました。PHSを通話専用にして、2,000円程度の基本料のみにしたら、結果、通信費は大幅に削減できます。そして、ついに中古のiPhone4を買っちゃいました。

詳しくは、価格ドットコム WiMAX 料金比較のページへ
※ 価格は常に変動するので注意してください。

ついでに、スマホデビュー

そして、とうとう私もスマホデビューしました。厳密には、通話出来ないのでスマホぢゃないけど…。

通信費の見直し
↑只今、SIMカードを注文中です。

私は長年音声端末PHSオンリーの人だったので、SIMカードの意味なんか全く知りませんでした。(よくそんなでIT担当の仕事なんかしてたよね。)
なんなら新品のipod touchでも良かったのですが、正確なGPS機能も欲しかったので、中古のiPhone4!を購入しました。もう、道に迷うのもクソ重たいネットも嫌ですからね。あーでも、きっとiPhone5ユーザーからしたら、「今更なんで?」なのかも知れませんが、PHSという時代遅れの情報端末を使っていた私にしたら、何これ、メッチャ速いじゃん!なのですよ。だいたい本格的なブラウジングなんかはPCですれば問題ないのです。モバイルのネット環境は、それなりの性能で十分ですわ。

それにね、なんと言ってもWiMAXを契約すると、1年後にキャッシュバックがあるのんぢゃ!3~4万円くらいですけどね。ええ!キャッシュバックに目が眩みましたよ。

モバイルWiFiルーターのデメリット

コスト的には素晴らしいモバイルWiFiルーターですが、メリットばかりではありません。当然デメリットもあります。それは、今まで光回線だったので、通信速度がADSL波になってしまう事です。
USEN ブーロードバンドスピードチェックのサイトへ

ちなみに我が家の通信スピードは4Mくらいでした。スピードは、今までの光通信と比べて10分の1以下で~す。ただ、PHSの通信スピードを考えたら、十分なスペックだし、この際、それくらいは我慢します。

まとめ

これまで、私はスマホは要らない!と頑なな姿勢で来ましたが、ちょっと臨機応変になってみました。生きてゆく上で、いろいろと事情は変わって行きます。「これじゃなきゃダメ!」という拘りも大事ですが、新しいものを受け入れる柔軟な対応力も必要ですよね。

スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)
ビバノンノンのレクタングル(大)
スポンサーリンク
ビバノンノンのレクタングル(大)