最初の昇天者

4月3日、我が家にやって来たエビちゃん。その最初の昇天者が…。

茹でた?

真っ赤に茹で上がって「美味しそう!」などと思ってませんからね。

熱帯魚は哺乳類のペットと違って、「生きる」か「死ぬ」かがハッキリしています。亡くなるまでに患って苦しむ時間が少ないです。それでも、エビちゃんにしたら、エビちゃんの時間(寿命)なら、苦しい時間も長かっただろうけれど…。(挙句、共食いされているし)
お魚さんたちは、昨日まで元気だったのに今朝はポックリなんてのもザラです。

ああでも、お魚さんたちが亡くなる度に思うのです。ペットを飼うというのは、人間のエゴだよね。けれど、例えばネオンテトラは南米産(実際は東南アジアで養殖)だし、そこいらの川に放っても生きられません。ペットショップに並べられて、今更、故郷の川に帰れる訳でもなく、ただ、人任せの危うい命を全うしようしているのです。必死に

だから、お魚を買った人は責任を持って、育ててあげないとダメなのです。とか言いながら、死んじゃったら水槽の水質を悪化させてしまうので、死体を見つけた時点で速やかに除去。そう、今朝は急遽プチ水替えです。

さようならエビちゃん!(まだいっぱい居てるけれど)
短い間だったけれど、私なんかと暮らしてくれてありがとう。

スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)




フォローする

スポンサーリンク
ぢるんぢるんブログのレクタングル(大)