Windows11導入

windows11 のデスクトップ画面1 WebとPC関係

2021年10月5日、Windows11がリリースされましたね。早速、ヒトバシラー上等で導入してみました。




Windows OSの思い出

私のPCデビューは遅い方で2001年でした。そして、デビューOSはあの悪名高いMeでした。ただ、ハードが激安のDaewoo製PCだったので、OSの問題はあまり気になりませんでした。そうそう、ハードがクソ過ぎOSの問題は二の次だったのです。

それでもMeとDaewooの数々のコンボ攻撃は強烈でした。起動に5分以上掛かるとか、ブルースクリーンなんか日常茶飯事、「PCほろ苦デビュー」どころか「PC阿鼻叫喚デビュー」でしたから。以降、様々なPCトラブルに遭遇しますが、あの時の事を思えば、全部「屁」でもありません。ああ、思い出しただけで腹立たしい、今でも家電品屋でDaewooのロゴを見ると軽い殺意を抱きます。

それから、98SE、2000、XP、7、10を使いました。

Windows11導入

Windows11はリリース当日、晩御飯の支度をしながら導入しました。正確な時間は計っていませんが、大体45分くらいで導入できましたから、これまでのWindows10大型アップデートより簡単でした。体感的には「えっ?もう終わったの」って感じ。

windows11 のデスクトップ画面1

使ってみての感想は次の通りです。

  1. スタートボタン等が真ん中に寄った
  2. 右クリックのアクションが面倒臭くなった(これはアカン)
  3. Macに寄せて失敗した
  4. Amazonプライム・ビデオがアプリになって高画質化した(これは嬉しい)
  5. 「コントロールパネル」と「設定」が相変わらず共存している(PC用とタブレット用で分けられないのかすら?)

正直、Windows10と大差ありません。今のところ音楽関連ソフトのひとつがやや不安定になった程度で大きな違いはありません。これまでのOSアップデートによる違和感は過去最少です。

「3.Macに寄せて失敗した」は、洗練されたUIを意識したのでしょうが、個人的な感想として、ダサいOSから薄らダサいOSになった。と感じました。ウインドウの角を丸くしたりアイコンがちょっとだけ3D風になったりして、薄らダサくなりました。狙いは分かるんだけど、なんかちょっと違う。

windows11 のデスクトップ画面2

もう、Windowsなんて素性がダサいんだから、ダサいまんまでいいぢゃん!下手に垢抜けたイメージを狙うより、実用的でさえあればいい気がします。

まあ、総じて新しいOSとしては、なかなか良いスタートを切ったように思います。

関連記事

過去の記事:Windows10の落とし穴

過去の記事:Windows10のレビュー続報

コメント