音楽とオーディオ

SANSUI AUα-607DR

サンスイのプリメインアンプ AUα-607DR です。1世代前のAUα-607L-EXTRAからLAPTと呼ばれるオーディオ専用トランジスタを採用して、高音域の再生能力が飛躍的に良くなったとオーディオ誌で絶賛されていました。
音楽とオーディオ

SONY TAF-555ESG

ソニーのプリメインアンプTAF-555ESGです。友人が所有していて羨ましい限りだった333シリーズではなく、見栄だけで(重要だから繰り返すよ)、見栄だけで背伸びして買った中古の1台、上位555シリーズ。
音楽とオーディオ

SANSUI AUα-607EXTRA

サンスイのプリメインアンプ AUα-607EXTRA です。オーディオ誌に載っていた通販のオススメセットとして、ビクターのCDプレイヤー XL-Z621と同時購入しました。初めて貰ったボーナスをブチ込んで、試聴なしの博打購入をしました。
音楽とオーディオ

ONKYO C-S5VL

ONKYO C-S5VLは、クッキリ、ハッキリ明解に鳴るCDプレイヤーです。 同価格帯の他のプレイヤーと比べると音の解像力は高めです。 全域においてエッジの立つ細身の音色ですので、 リラックスした雰囲気を求めると不満が出てきますが、主に聴くPOPSでは特に問題はありません。
音楽とオーディオ

DENON DCD-1650AL

DENON DCD-1650ALは豊かな中低音を軸に太くて硬い音がします。高域の抜けは同価格帯の他製品に劣りますが、充実した低音を活かせれば、音質的なメリットはあると思います。 低音少なめなブックシェルフスピーカーに合わせれば、程よくバランスするかも知れません。
音楽とオーディオ

KENWOOD DP-5090

ケンウッドのCDプレイヤー DP-5090 です。世間の注目がホームシアターに移行し、ピュアオーディオが見向きもされなくなってきた頃の製品です。 定価5万円ポッキリの本機が、同社CDプレイヤーのフラッグシップ機になってしまいました。
音楽とオーディオ

SANSUI CDα-617DR

サンスイのCDプレイヤー CDα-617DR です。こちらも試聴なしで購入。「試聴して買わなきゃダメ!」という学習機能がないおバカさんな頃の買い物でした。
筋トレ

体重2倍

瞬間的ではありますが、タイトル通り体重が2倍になってしまいました。成人してからの体重最小値は23歳時の39kgでした。当時は食が細く栄養失調になり、点滴のためにしばらく通院をしました。
音楽とオーディオ

Victor XL-Z621

ビクターのCDプレイヤー XL-Z621 です。試聴なしで高価なものを買っていました。今考えれば恐ろしいです。でもその頃は、スピーカー以外で音質なんて大して変わんないだろ?とか信じていた頃ですからね、もう。そんな訳でオーディオ雑誌で高評価だったアンプとCDプレイヤーの通販おすすめセットをそのまんま購入。
音楽とオーディオ

Technics SL-P7

テクニクスのCDプレイヤー SL-P7 です。 松下電器が懐かしいテクニクスブランドで発売したCDプレイヤーです。 (執筆後、テクニクスブランドは復活しました。) 確か販売者の商品説明に「CDトレイが透明で7色に光ります」的な文言があったのを記憶しています。