AP

音楽とオーディオ

Nmode X-DP7

Nmode X-DP7は2017年に発売されたX-DP10から、ヘッドフォンアンプとD/Dコンバーター機能を省略した製品です。公式ページにも「X-DP10 の性能を継承。ヘッドフォンアンプを排除しDAC に特化。高SN 比を実現」とあります
音楽とオーディオ

オーディオの沼

先日、通院の帰りに日本橋に寄ってきました。私はこの4月にアンプを更新したばかりですし、特に欲しい機器はなかったのですが、気になるスピーカーがあったので試聴をさせてもらいました。
音楽とオーディオ

FX-AUDIO- DAC-X6J

オペアンプがデフォルトのOPA2134PAの場合、RCA出力は価格よりやや高音質かと思いました。エントリークラスのデジタルオーディオ機器、我が家の場合だとYAMAHA NP-S303、ONKYO C-S5VL(共に実売3万程度)と遜色ない音質です。
音楽とオーディオ

YAMAHA NP-S303

ヤマハのネットワークオーディオプレイヤーNP-S303を導入しました。今回は、最近稀に不具合を起こすようになってきたCDプレイヤーオンキヨーC-S5VLの後継として購入しました。
熱帯魚

エーハイム フレキシブル排水口導入

今回は地震対策をメインの目的に、エーハイム、フレキシブルブル排水口を導入しました。水槽の地震対策は、震災クラスの地震には何の役にも立ちませんが、震度5くらいまでなら「安定した水槽台に、低い水位で設置する」それだけでも十分効果があります。
音楽とオーディオ

B&W 685

685は小さな割に鳴りっぷりが良いスピーカーです。「小さな音でしっとり」でも「モニターライク」でもなく「屈託なく大らかになるスピーカー」でした。バランス的には低音モリモリなので、上流機器にはマランツやオンキヨーなんかが向いているかと思います。
音楽とオーディオ

TANNOY Mercury M2

TANNOY Mercury M2の音質は「嫌な音は一切出さない」=「必要な音も省いちゃうよ!」的な潔さが魅力でした。解像度には難アリまくりでしたが、優しく、そして陽気で軽快に音楽を流せるんです。
音楽とオーディオ

VICTOR SX-500

ビクターのスピーカーSX-500です。子供の頃から覗きに行っていたレコード店に、このスピーカーの原型モデルSX-3があって、大好きな音で鳴ってました。けれど、大人になっていざオーディオを揃えようとオーディオ誌を読んでいると、
音楽とオーディオ

FOSTEX AP05

FOSTEX AP05は良い意味でも悪い意味でも癖を感じません。FOSTEXの「かんすぴ」シリーズのアンプですから、同シリーズのスピーカーとの相性が良いです。値段が値段ですから、多くを求めなければ満足度の高いアンプです。
音楽とオーディオ

KENWOOD DP-5090

ケンウッドのCDプレイヤー DP-5090 です。世間の注目がホームシアターに移行し、ピュアオーディオが見向きもされなくなってきた頃の製品です。 定価5万円ポッキリの本機が、同社CDプレイヤーのフラッグシップ機になってしまいました。