AP

音楽とオーディオ

TANNOY Mercury M2

TANNOY Mercury M2の音質は「嫌な音は一切出さない」=「必要な音も省いちゃうよ!」的な潔さが魅力でした。解像度には難アリまくりでしたが、優しく、そして陽気で軽快に音楽を流せるんです。
音楽とオーディオ

VICTOR SX-500

ビクターのスピーカーSX-500です。子供の頃から覗きに行っていたレコード店に、このスピーカーの原型モデルSX-3があって、大好きな音で鳴ってました。けれど、大人になっていざオーディオを揃えようとオーディオ誌を読んでいると、
音楽とオーディオ

FOSTEX AP05

FOSTEX AP05は良い意味でも悪い意味でも癖を感じません。FOSTEXの「かんすぴ」シリーズのアンプですから、同シリーズのスピーカーとの相性が良いです。値段が値段ですから、多くを求めなければ満足度の高いアンプです。
音楽とオーディオ

KENWOOD DP-5090

ケンウッドのCDプレイヤー DP-5090 です。世間の注目がホームシアターに移行し、ピュアオーディオが見向きもされなくなってきた頃の製品です。 定価5万円ポッキリの本機が、同社CDプレイヤーのフラッグシップ機になってしまいました。
筋トレ

体重2倍

瞬間的ではありますが、タイトル通り体重が2倍になってしまいました。成人してからの体重最小値は23歳時の39kgでした。当時は食が細く栄養失調になり、点滴のためにしばらく通院をしました。
音楽とオーディオ

Victor XL-Z621

ビクターのCDプレイヤー XL-Z621 です。試聴なしで高価なものを買っていました。今考えれば恐ろしいです。でもその頃は、スピーカー以外で音質なんて大して変わんないだろ?とか信じていた頃ですからね、もう。そんな訳でオーディオ雑誌で高評価だったアンプとCDプレイヤーの通販おすすめセットをそのまんま購入。
音楽とオーディオ

Technics SL-P7

テクニクスのCDプレイヤー SL-P7 です。 松下電器が懐かしいテクニクスブランドで発売したCDプレイヤーです。 (執筆後、テクニクスブランドは復活しました。) 確か販売者の商品説明に「CDトレイが透明で7色に光ります」的な文言があったのを記憶しています。
音楽とオーディオ

Nmode X-PM7 MK2

Nmode X-PM7 MK2は、純粋な音声信号の増幅器として価格以上の価値があります。全域に渡って解像度が高く、価格的に競合するE-270やL-550AX2を明らかに上回っています。
音楽とオーディオ

嵐の前にオーディオ試聴

2020年4月上旬、コロナの嵐の前にオーディオ店に試聴に行ってきました。既に自粛ムードだったのに…。予算は30万円くらいまで、もう少しスッキリ聴けるアンプ探しです。
熱帯魚

アマゾンフロッグビット購入

いよいよ国内でもコロナが危険な状態になって来ましたね。私の生活圏でも早い段階で感染者が見つかっていますし、職場の休み時間の話題は「もう、こればっかり」で正直ウンザリします。しかし、だからといって普段通りに生活するわけにも行かず、本日、ジムを...